第680回経営者モーニングセミナー 2019年4月11日(木)

20190411鹿沼市MS.jpg

講話者:鹿沼市倫理法人会 会員
    オリエンタル技術開発(株) 取締役会長
    安田  稔 氏 
テーマ:「歴史から学ぶ経営の要点」
輪読6条 子女名優

第679回経営者モーニングセミナー 2019年4月4日(木)

20190404鹿沼市MS.jpg

講話者:宇都宮市北倫理法人会 専任幹事 県内レクチャラー

    e-Next(株) 代表取締役社長

    見目 尚久 氏 

テーマ:「終始一貫出来るか?出来ないか?」

輪読5条 夫婦対鏡

第678回経営者モーニングセミナー 2019年3月28日(木)

20190328鹿沼市MS.jpg

講話者:紀尾井町倫理法人会 幹事

    社会保険労務士法人 SILCS 代表社員

    澤田 省悟 氏 

テーマ:「純情(すなお)に生きる」

輪読4条 万象我師

第677回経営者モーニングセミナー 2019年3月14日(木)

3.14.jpg

講話者:(一社)倫理研究所 法人局参事 法人アドバイザー
    宮坂政宏 氏 
テーマ:「倫理指導の偉力」
輪読3条 運命自招

第676回経営者モーニングセミナー 2019年3月7日(木)

3.7.jpg

講話者:(一社)鹿沼青年会議所 理事長
    (有)モード設計事務所 代表取締役
    石川大悟 氏 
テーマ:「JCから見えたまちづくりの可能性」
輪読2条 苦難福門

第675回経営者モーニングセミナー 2019年2月28日(木)

2.28.jpg

講話者:(一社)倫理研究所 参事 法人アドバイザー
    沢矯正歯科医院 院長
    澤 秀一郎 氏 
テーマ:「楽しく働く秘訣」
輪読1条 日々好日

第674回経営者モーニングセミナー 2019年2月21日(木)

IMG_0136n.jpg

講話者:鹿沼市倫理法人会 モーニングセミナー委員
    Bkt Planning 代表
    大保寺 真也 氏
テーマ:「倫理法人会に入会して変わったこと」
輪読17条 人生神劇

第673回経営者モーニングセミナー 2019年2月14日(木)

20190214MSs.jpg

講話者:栃木県倫理法人会 普及拡大委員長 法人レクチャラー
    宇都宮文化センター(株) 代表取締役社長
    阿部 欣文 氏
テーマ:「倫理経営の普及はまちづくり活気あふれる栃木県」
輪読16条 尊己及人

第672回経営者モーニングセミナー 2019年2月7日(木)

IMGP1125.JPG

講話者:鹿沼市倫理法人会 会員
    (有)ケアシステム 代表取締役
    永盛 弘巳 氏
テーマ:「倫理法人会に大感謝」
輪読15条 信成万事

第671回経営者モーニングセミナー 2019年1月31日(木)

P1310008b.jpg

講話者:(一社)倫理研究所 法人スーパーバイザー

     川内 美喜男 氏

テーマ:「つながり」

輪読14条 心即太陽

第670回経営者モーニングセミナー 2019年1月24日(木)

1-24.jpg

講話者:宇都宮南倫理法人会 青年委員長

    (株)秀峰 専務取締役

テーマ:「出会いと変化(改)」

輪読13条 反始慎終

第669回経営者モーニングセミナー 2019年1月17日(木)

IMG_0110s.jpg

講話者:尾花税務会計事務所 所長代理税理士
    尾花 一浩 氏
テーマ:「これからの子どもたちへ伝える大切なこと」
輪読12条 捨我得全

第668回経営者モーニングセミナー 2019年1月10日(木)

20190110 鹿沼市倫理法人会MS.jpg

講話者:栃木県倫理法人会 会長
    北関東工管(株) 代表取締役専務
    阿久津 静男 氏
テーマ:「目標なくして 成功なし」
輪読11条 万物生々

第667回経営者モーニングセミナー 2018年12月20日(木)

12-20.jpg

講話者:鹿沼市倫理法人会 会員

    笑いヨガとちぎ.鹿沼塾 塾長

    横山 達弘 氏

テーマ:「明朗・愛和・喜働−〈上機嫌〉」

輪読10条 勤労歓喜

第666回経営者モーニングセミナー 2018年12月13日(木)

12-13.jpg

講話者:(一社)倫理研究所 法人アドバイザー

    (株)三栄製作所 代表取締役

     山岸 正勝 氏 

テーマ:「出会いに感謝」

輪読9条 破約失福

第665回経営者モーニングセミナー 2018年12月6日(木)

IMGP0989.JPG

講話者:日光市倫理法人会 会長

    (株)新日本石匠 取締役総務

    鷹觜 里子 氏 

テーマ:「笑顔で実践」

輪読8条 明朗愛和

第664回経営者モーニングセミナー 2018年11月29日(木)

11-29MS.jpg

講話者:宇都宮市北倫理法人会 女性副委員長

    (有)呉服おぎはら 代表取締役

    荻原 葉子 氏 

テーマ:「事業継承・百年経営を目指して」

輪読7条 疾病信号

第663回経営者モーニングセミナー 2018年11月22日(木)

IMGP0984.JPG

講話者:足利市倫理法人会 事務長
     (株)アイラ 代表取締役
     渡邉 和江 氏 
テーマ:「愛について」
輪読6条 子女名優

第662回経営者モーニングセミナー 2018年11月8日(木)

IMGP0979.JPG

講話者:千葉県倫理法人会 法人スーパーバイザー
     (株)ハナノイ 代表取締役
     花野井 勝浩 氏 
テーマ:「新世の発見」
輪読5条 夫婦対鏡

第661回経営者モーニングセミナー 2018年11月1日(木)

IMGP0977.JPG

講話者:高根沢さくら倫理法人会 会長

     森山産業(株) 理事

     仲澤 佳子 氏

テーマ:「普及活動 面白取組みエトセトラ」

輪読4条 万象我師

第660回経営者モーニングセミナー 2018年10月25日(木)

1540423447211.jpg

講話者:宇都宮南倫理法人会 青年委員

     ピジョン 代表

     辻 隆雄 氏

テーマ:「笑顔が一番」

輪読3条 運命自招

第659回経営者モーニングセミナー 2018年10月18日(木)

IMGP0972.JPG

講話者:宇都宮西倫理法人会 専任幹事
     (株)けいしょう 代表  中鉢 国昭 氏
テーマ:「着物と生活」
輪読2条 苦難福門

第658回経営者モーニングセミナー 2018年10月11日(木)

IMGP0970.JPG

講話者:宇都宮市北倫理法人会 モーニングセミナー委員

     神山きもの工房・神山和裁教室 主宰

     山口 悦子 氏

テーマ:「働きは、最上の喜び」

輪読1条 日々好日

第657回経営者モーニングセミナー 2018年10月4日(木)

IMGP0962.JPG

講話者:那須野ヶ原倫理法人会 モーニングセミナー委員長・事務長

     (有)クリプトン 代表取締役

     津久井 三男 氏

テーマ:「人の喜び我が喜び」

輪読 17条 人生神劇

第656回経営者モーニングセミナー 2018年9月27日(木)

IMGP0948.JPG

講話者:足利市倫理法人会 会員

     プルデンシャル生命保険(株) ライフプランナー

     亀山 美保 氏

テーマ:「損得勘定から尊徳感情へ弁論大会から見えたもの」

輪読 16条 尊己及人

第655回経営者モーニングセミナー 2018年9月20日(木)

IMGP0947.JPG

講話者:はがの真岡準倫理法人会 女性委員長

    橋本社会保険労務士事務所 橋本 律子 氏

テーマ:「ご縁とおかげ様」

輪読 15条 心成万事

第654回経営者モーニングセミナー 2018年9月13日(木)

IMGP0943.JPG

講話者:鹿沼市倫理法人会 会長

    社会保険労務士法人 レクシード 会長 鈴木 教大 氏

テーマ:心即太陽

輪読 14条 心即太陽

第653回経営者モーニングセミナー

IMGP0929.JPG

講話者:(一社)倫理研究所 法人アドバイザー

     (株)ニッセイ新潟 取締役会長 増田常平 氏

テーマ:「理念と方針」

輪読 13条 反始慎終

第595回経営者モーニングセミナー 2017年6月29日(木)

0629.jpg
講話者:埼玉県倫理法人会 副幹事長 法人レクチャラー
    (株)エイチプロス 代表取締役 花谷 彰久 氏
テーマ:「出会いは無限大」 
輪読 14条 心即太陽

第594回経営者モーニングセミナー 2017年6月22日(木)

0622.jpg
講話者:鹿沼市議会議員 石川さやか 氏
テーマ:「女性の視点を鹿沼市政に」 
輪読 13条 反始慎終

第593回経営者モーニングセミナー 2017年6月15日(木)

0615.jpg
講話者:骨盤ばんばん整骨院 鹿沼本院 鹿沼市倫理法人会会員
    (株)FUNTREE 代表取締役 眞田 忠弘 氏
テーマ:「ピンチはチャンス。言葉が世界を創る。」 
輪読 12条 捨我得全

第592回経営者モーニングセミナー 2017年6月8日(木)

0608.jpg
講話者:栃木県倫理法人会 副会長 法人レクチャラー
    (株)松本 取締役社長 今井 キヨ 氏

テーマ:「夫婦愛和」 
輪読 11条 万物生々

第591回経営者モーニングセミナー 2017年6月1日(木)

0601.jpg
講話者:宇都宮市倫理法人会 MS委員長 県内レクチャラー
    (株)キャリー交通 代表取締役 八下田 達哉 氏

テーマ:「働く目的を明確にする」 
輪読 10条 勤労歓喜

第590回経営者モーニングセミナー 2017年5月25日(木)

0525.jpg
講話者:栃木県倫理法人会 副事務長 シニア県内レクチャラー
    (株)石田事務所 代表取締役 石田 桂久 氏

テーマ:「倫理実践で大和心を育てよう日本創生に向けて」 
輪読 9条 破約失福

第589回経営者モーニングセミナー 2017年5月18日(木)

0518.jpg
講話者:(株)グリーンデイズ 代表取締役 林 書緯 氏

テーマ:「格好いい農家を創る」 
輪読 8条 明朗愛和

第588回経営者モーニングセミナー 2017年5月11日(木)

0511.jpg
講話者:一般社団法人倫理研究所 法人局 法人スーパーバイザー
    (有)エスピー研究所 代表取締役 佐藤 英夫 氏

テーマ:「ターニング・ポイント」 
輪読 7条 疾病信号

第587回経営者モーニングセミナー 2017年4月27日(木)

0427.jpg
講話者:宇都宮アナウンスアカデミー 代表 小田島 建夫 氏 

テーマ:「話し方の基本」 
輪読 6条 子女名優

第586回経営者モーニングセミナー 2017年4月20日(木)

420.jpg
講話者:医療法人ヒポクラテス 理事長 竹村 克己 氏 

テーマ:「鹿沼にきて26年」 
輪読 5条 夫婦対鏡

第585回経営者モーニングセミナー 2017年4月13日(木)

413.JPG
講話者:栃木市倫理法人会 MS委員長

    (株)Y・M・R 代表取締役 山本 良一 氏
テーマ:「ケセラセラ」 
輪読 4条 万象我師

第584回経営者モーニングセミナー 2017年4月6日(木)

0406.jpg
講話者:(有)黒田養蜂園 専務取締役 
    (一社)鹿沼青年会議所 専務理事 黒田和宏 氏

テーマ:「家業から企業へ、ミツバチと共に・・・。」 
輪読 3条 運命自招

第583回経営者モーニングセミナー 2017年3月30日(木)

330.jpg
講話者:鹿沼市倫理法人会 事務局 

    (有)マーサーズ 小太刀史也 氏
テーマ:「いいねからはじめる会技術」 
輪読 2条 苦難福門

第582回経営者モーニングセミナー 2017年3月23日(木)

IMGP0804.JPG
講話者:宇都宮中央倫理法人会 相談役 
    (有)矢古宇建設 代表取締役 矢古宇栄次 氏
テーマ:「動けば変わる!」 
輪読 1条 日々好日

第581回経営者モーニングセミナー 2017年3月16日(木)

IMGP0803.JPG

講話者:一般社団法人倫理研究所 法人スーパーバイザー  
    (株)大栄産業 代表取締役 大村義之 氏 
テーマ:「企業繁栄の法則」 
輪読 17条 人生神劇

第579回経営者モーニングセミナー 2017年3月2日(木)

IMGP0784.JPG
講話者:はがの真岡準倫理法人会 幹事 県内レクチャラー  
    ヘイコ―パック(株)総務部 環境課 課長 中本祥数 氏 
テーマ:「一新自分次第」 
輪読 15条 信成万事

第578回経営者モーニングセミナー 2017年2月23日(木)

IMGP0783.JPG

講話者:一般社団法人マーケティングライフ研究所 代表理事
    宇都宮南倫理法人会 副専任幹事 MS委員長 
    県内レクチャラー 斎藤健寿氏 氏 

テーマ:「富士研で一変した普及の考え方」 
輪読 14条 心即太陽

第577回経営者モーニングセミナー 2017年2月16日(木)

1487295388201.jpg
講話者:布川小児科 院長 布川 武男 氏 

テーマ:「老化について」 
輪読 13条 反始慎終

第576回経営者モーニングセミナー 2017年2月9日(木)

1487143413270.jpg
講話者一般社団法人鹿沼青年会議所 理事長 猪野 聖一 氏 

テーマ:「JCで切り開かれる未知の領域」 
輪読 12条 捨我得全

第575回経営者モーニングセミナー 2017年2月2日(木)

IMGP0771.JPG
講話者:宇都宮中央倫理法人会 会長 佐藤 麗子 氏 

テーマ:「反始新慎終が落ちてきた」 
輪読 11条 万物生々

第573回経営者モーニングセミナー 2017年1月19日(木)

IMGP0768.JPG
講話者:一般社団法人倫理研究所 法人局参事 法人アドバイザー 
    若槇 正子 氏 
テーマ:「明朗に生きる」 
輪読 9条 破約失福

第572回経営者モーニングセミナー 2017年1月12日(木)

IMGP0767.JPG
講話者:日本商工会議所青年部 直前会長 伴 靖 氏 
テーマ:「全国を廻って栃木にないもの」 
輪読 8条 明朗愛和

 

第569回経営者モーニングセミナー 2016年12月8日(木)

IMGP0760.JPG
講話者:一般社団法人倫理研究所 法人局 関東・甲信越方面担当 
    坂元 一成 研究員 

テーマ:「であい」

輪読 4条 万象我師

第568回経営者モーニングセミナー 2016年12月1日(木)

IMGP0759.JPG
講話者:日光市倫理法人会 副会長 鮫島 守 氏 

テーマ:「であい」

輪読 4条 万象我師

第567回経営者モーニングセミナー 2016年11月24日(木)

1124.JPG
講話者:鹿沼東ロータリークラブ 副会長 見目 博克 氏 

輪読 3条 運命自招

第566回経営者モーニングセミナー 2016年11月17日(木)

IMGP0757.JPG
講話者:山梨県倫理法人会 監査 
    新都市設計株式会社 代表取締役 
堀内 薫 氏

テーマ:「倫理の学習と実践による変化」
輪読 2条 苦難福門
講話内容
山梨県最大(83ha/25万坪/105億円)のまちづくりを自社より計画・立案し関係者2,000人の同意を5年間で取得。しかし事業計画の中の大型ショッピングセンター(34万坪)に県知事・甲府市中心商店街に大反対される。その苦難を克服する戦略と倫理実践(直観力)により解決。県知事許可を受ける。倫理の学習による変えてはいけない物は決して変えない(不易・縦軸・Y軸)と時代の変化により変えなければならないことは変える(易・横軸・X軸)「経営」とは「人のため」が経営における基本原則。「経」とは経営者の人徳。「経」とは事業経営の「理念」や基本方針をしっかりと確立(樹立)させる「理念」とは「何のためにこの事業を推進するのか」といった事業の目的を示す。「営」は実務の才能。どのようにしたら事業がうまくいくかの方針を考え、行動する事業推進に求められる技術や技法を入念に検討する。

第565回経営者モーニングセミナー 2016年11月10日(木)

IMGP0754.JPG

講話者:法人局 法人スーパーバイザー 福田 康生 氏
テーマ:「純粋倫理の妙味」
輪読 1条 日々好日
講話内容
日光市生まれ。鹿沼高校を卒業後東京の大学へ入学。後に小山で父親の兄弟が経営する電気工事会社へ入社。青年会議所入会、ロータリークラブでは幹事のお役も受けるが、後に会社が倒産をした。倒産をしてからは知り合いの態度が急変した。声を掛けてもそっぽを向かれた。倒産をすると犯罪者と同じ様な扱いをされてしまう。お二人の方から倫理入会を勧められ入会。モーニングセミナーに参加し、古河の小山さんの講話を拝聴。掃除を推奨するお話であり、犬を散歩しながらゴミ拾いを行うことを始めた。倫理の方達はあたたかく迎えて頂き、それが心地よく今日に至る。倫理ではお役を受けると良い。苦難を喜んで受け入れると経営者としてのスキルも上がる。朝起き=目が覚めたらパッと起きる。西郷隆盛は目が覚めたら布団を蹴飛ばして起きた。苦難は我儘をした時に起こる。即行即止=即行で後延ばしにしない。直感能力が芽生える。貫徹能力の向上=小さいことを続けて実践する。非凡になれる。               

第564回経営者モーニングセミナー 2016年10月27日(木)

IMGP0730.JPG
講話者:法人局 法人スーパーバイザー 遠藤 就子 氏 

テーマ:「成就の法則」
輪読 17条 人生神劇
講話内容
気付く人になるには朝はパッと起きる。日常の中でも気付く人になれる。通り過ぎたチャンスはつかむことは出来ない。機会(チャンス)は前頭(まえがしら)だけに髪毛(かみのけ)があり、後頭(うしろあたま)ははげている。もしこれに出あったら前髪を捕らえよ。一度にがしたら、神様でもこれを捕らえることは出来ぬ。」(ラブレー) 大きな声を出すと潜在能力を引き出せる。明朗が勝ち。良い事があるから明るくなるのではない。明るくしているから良い事が起こってくる。本を忘れず。わが命の根元は、両親である。成功の法則=終始一貫してやり抜く人だけが成功する。親に感謝しないとやり抜くことは出来ない。どんな親でも自分の中に入っている。ぜひ親に感謝をして頂きたい。挨拶は男性が先にする。女性は美しく=優しさ(優しさを持ち続ける)。

第563回経営者モーニングセミナー 2016年10月20日(木)

IMGP0728.JPG

講話者:鹿沼ロータリークラブ 会長 黒田 雄一 氏 
テーマ:「養蜂園について」
輪読 16条 尊己及人
講話内容
村井町で養蜂園を営む。息子さんがカフェ「ハニービー」、スイーツショップ「ドルチェ ミエーレ」を開業。ジェラートなど、はちみつにこだわったメニューを提供。 ミツバチには女王蜂(産卵が主な仕事で主食はロイヤルゼリー)、働き蜂(花粉集め、幼虫の世話、外敵からの防御が主な仕事)、オス蜂(女王蜂との交尾が主な仕事)の3種類がある。はちみつが結晶してしまうのはブドウ糖の為。アカシヤのはちみつは結晶しない。レンゲ、菜の花、サクラは結晶する。免疫力を上げるのは、トチノキ、クリ、ソバのはちみつ。ロイヤルゼリーはホルモンの活性に良い。五臓六腑に良く働く。             

第562回経営者モーニングセミナー 2016年10月13日(木)

IMGP0727.JPG
講話者:前宇都宮市議会議長 塚田 昌弘 氏 

テーマ:「命宝(ぬちるたから)」
輪読 15条 信成万事
講話内容
鹿沼の偉人は石川洋さんだと思う。京都で一燈園を創始した西田天香の弟子になられた方。「商は小にして勝なり」(商売は小さい物を大事にしてやっていく事が勝ち)小さい商いを続け、人を大事にするかがビジネスの中心。鹿沼市長と市役所の応接室でお話しをした際、焼酎の4合瓶が2本位飾ってあった。鹿沼産の麦を使い九州の酒造所で作られているそうだが、焼酎が売れたくらいで鹿沼が潤うことはないかと思うが鹿沼の品物を大事にすることは立派に思う。昔は県知事の公用車はベンツだった。税金を払ってくれる方がお客様でありルートを大事にしないといけない。県民として栃木県生まれの物を大事にしないと栃木の繁栄はないと思い、福田知事に話をしたらその次の月に国産車になった。人間は見栄を張ってはいけない。                            

第561回経営者モーニングセミナー 2016年10月6日(木)

IMGP0726.JPG

講話者:鹿沼商工会議所青年部会長  上原 恒久 氏 
    鹿沼商工会議所青年部副会長 鳩山 裕之 氏
テーマ:「青年部活動と今後の課題について
輪読 14条 心即太陽
講話内容
(鳩山氏)社会保険は給与に対して社員が15%負担、会社が15%負担とされている。社会保険は給与額そのもので保険料決まるのではなく、給与額を“等級”に区分して金額を決め(標準報酬額という)、これに対して保険料率を乗じて保険料を決定している。節減を考える場合、各等級の保険料率を注視されるようにとアドバイス頂く。
(上原氏)鹿沼商工会議所青年部の現会員数は約60名。50、60名が会としては活動しやすい人数であると思う。大会に出るにもお金がかかる。北は北海道、南は沖縄まで行くことがある為。本来会長の任期は1年であるが、1年だと自分の色を出せない。今年異例の2年目の会長を拝命している。どうやったら40歳前後の方に会長を受けて頂けるかを悩んでいる。なんで所属しているのかというと、結局は自分の為。色んな困難を乗り越えて会社に還元をしていければだんだんと楽しめる。       

第560回経営者モーニングセミナー 2016年9月29日(木)

IMGP0724.JPG

講話者:一般社団法人倫理研究所 特別研究員 鳥越 等 氏
テーマ:「ことばの力
輪読 13条 反始慎終
講話内容
モーニングセミナーで皆さんが会場に入る前、会場を出る時に頭を下げるのは、これから学びをさせて頂くのでお願いします。終わりには有難うございましたという意味がある。モーニングセミナーは倫理の実践道場。会社の社屋に対しても礼をする(建物に礼を尽くす)。物が生きてくる=人を呼び寄せてくれる。言霊=よい言葉を発すると良い事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こるとされた。言葉は、生命の発動である。たましいの息吹である。言葉は威力を持っている。言うていると、その通りになる。(『作歌の書』丸山敏雄著)より。言葉も、何度も何度も使って、使いこなして、本当に我が物として、はじめて生きてくる。

第559回経営者モーニングセミナー 2016年9月15日(木)

IMGP0720.JPG
IMGP0717.JPG
今年度の辞令交付

講話者:宇都宮東倫理法人会 阿久津静男 氏
テーマ:「殻を破る」
輪読 12条 捨我得全
講話内容
昨年度は県の普及拡大委員長を拝命。鹿沼市倫理法人会は期日内に普及拡充を達成頂き有り難く思う。会社でコンプライアンス、リスクマネジメントに取り組む中で、もっと上のモラルを守らなければいけないと考え倫理に入会する。職場の教養を使い会社が良くなっていった。倫理に入る前は自分の価値観、先入観を一方的に押し付けていた。倫理に入って学んでいるのは「心の経営」。先日 脳科学者の茂木健一郎氏の講演会に行ってきた。最後の話は倫理感についてであった。幸せ感は自分の心の持ちようとのこと。ホリエモンが獄中で来週はバナナが半分食べれると嬉しそうに話していた。会社に不平不満があってはお客様に満足感は与えられない。まずは不満を無くす。喜んでもらえるような職場づくりを目指したい。

第558回経営者モーニングセミナー 2016年9月8日(木)

IMGP0715.JPG
講話者:栃木県倫理法人会 青年委員長 原田 孝之 氏
テーマ:「掃除の道」
輪読 11条 万物生々

講話内容
1年間他の会社にて勤務後、23歳の時に小澤製粉販売(株)に入社する。営業と工場の管理を任されていた。会社の売り上げを大幅に上げたことで天狗になってしまったことにより、社員、パートが徐々に辞めていった。そんな頃に出会ったのが「掃除に学ぶ会」。「大変」なことになる前には「小変」がある。いかにそこに気付くかが大切だと知る。子供と一緒になって掃除をする時は子供の純粋な心に触れられる。現在障害者雇用を浸透させようと積極的に取り組んでいる。クラウドファンディングで資金集めをし、NPO法人の立ち上げ準備中。

第557回経営者モーニングセミナー 2016年9月1日(木)

IMGP0714.JPG
講話者:栃木県倫理法人会 会長 渡邊 嘉一 氏

テーマ:純情の実践
輪読 10条 勤労歓喜

講話内容
昨日の栃木市倫理法人会モーニングセミナーでは、福田富一栃木県知事をお呼びし盛況だった。ロータリークラブにも所属され、幹事のお役を拝命されており、日々忙しい。世界から日本的経営が見直されている(倫理経営)。今年度の栃木県の活動方針はミッションとして、倫理経営を世の中の常識にすること。スローガンとして、純情(すなお)の実践。すなおの実践とは、明朗(ほがらか)愛和(なかよく)喜働(よろこんではたらく)。真の幸福とは→苦難観の理解。@肉体の苦痛は精神のゆがみ、生活の不自然の影A物質についての悩みは己の働きの足らぬことと、いやしい欲心のかたまりであり、悲しむべき心のもつれの反映である。物の欠乏は心の欠乏の影。B他人にこうあってほしいと求めるところは、己が至らぬことの反映にすぎない。己が一切である。C幸福も名誉も地位も自分の物ではない、天与のもの。ただまっしぐらに、今の仕事、今の方向を進めばよい。自分の創る世の中であり、我が人生である。人生劇の主役は己自身である。         

第556回経営者モーニングセミナー 2016年8月25日(木)

IMGP0707.JPG
講話者:下野市倫理法人会 専任幹事 生澤 晃 氏

テーマ:明朗、愛和、喜働すなおに「ハイ」で縁を生かす
輪読 9条 破約失福
講話内容
趣味(マウンテンバイク)を通じて奥様と結婚しお婿さんとなる。結婚を機に(株)生澤製作所へ入社。母からは色々学びなさいとのことから青年会議所の入会を勧められ入会。最初の頃はスリープメンバーであったが、県内メンバーの一生懸命活動している姿から考えを改められ積極的に参加するようになる。倫理は下野市に出来るという事で入会。職場の教養は青年会議所の事務局に置いてあったので知っていた。 工業会青年部は自分に出来ることを頑張ろうと続けている。縁で仕事にも繋がるようになっていった。工場見学会など色んな企業を見ることでネットワークも構築できた。素直に「ハイ」のひとことがどんなチャンスに繋がるか分からない。そこに思い切って飛び込んでみることによって縁が生まれる。

第555回経営者モーニングセミナー 2016年8月18日(木)

IMGP0705.JPG

講話者:宇都宮西倫理法人会 副会長 炭田恵崇 氏
テーマ:実践あるのみ
輪読 8条 明朗愛和
講話内容
倫理に入会をして10年経った。宇都宮西倫理法人会を起ち上げた8年前には年間40回講話をしていた。家族、社員、取引先に対して10年間倫理実践を行ってきた。坂本龍馬の生涯に学ぶべきものがあり尊敬をしている。32歳の時に宇都宮花火大会を復活させようと実行委員会を起ち上げ復活をさせた。今も継続しているが、創業するよりも守る方が大変なので今の実行委員会の皆様に対して敬意を表したい。倫理に入会をしたきっかけは、年配の方が多いが勉強になることが多いかなと思い入会を決意する。会社は2代目で創業38年目。お客様のことを大切に思い、最高品質の物を常に提供しようと心掛けている。リピート率は100%以上。出来ないからやる。チャレンジ精神を大事にしたい。

掃除研修 2016年8月11日(木)

8.11.jpg
清掃場所:鹿沼商工会議所、黒川沿道

第554回経営者モーニングセミナー 2016年8月4日(木)

IMGP0704.JPG
講話者:宇都宮市倫理法人会 幹事 稲田君枝 氏

テーマ:「信ずればなり、憂れば崩れる」
輪読 7条 疾病信号
講話内容
チャレンジ精神は人の倍以上はあると思う。石橋は叩かないタイプ。ウィンドウズが出る前からパソコンを使っていた。ワープロスクール、パソコンスクールの運営を20年勤めた。2003年にパソコンスクールを独立開業。翌年宇都宮市倫理法人会に入会。最初の講話が中西局長の講話であり、その場で入会申込書に記入。2年目にして県の副事務長を拝命。他の単会のモーニングセミナーに参加をすることが役目で大変だったが、時間は作るもの。積極的に動かないと何も出来ないのだと知る。2006年に(株)アルフォサポート(ホームページ制作会社)設立。2年前に事務所を購入。昨年は自身で新たな会を設立するなどして多忙になりすぎた。今年の1月に退会を考えたが止められ、3か月仕事に打ち込み何とか落ち着いてきた感じがする。創業して倫理に入会していなかったら廃業していたと思う。先輩からの生のアドバイスが勉強になる。若い会員さんへ何分の1かでもお返しが出来る先輩会員になれたらいいと思う。

第553回経営者モーニングセミナー 2016年7月28日(木)

IMGP0703.JPG

講話者:感歴プロジェクト 金田雅子 氏
テーマ:「残したい笑顔」
輪読 6条 子女名優
講話内容
栃木県那珂川町出身、宇都宮市在住の2児の母親。小売の花屋で4年間の勤務経験を経て、ハウスウエディングの専属フラワーコーディネーターとして9年間経験を積む。夫の親の還暦祝いの際に、還暦パーティーをブライダル式にアレンジしたオリジナルのお祝いを贈ったところ、想像以上の家族の感動体験が!これからの社会に家族の絆と感動が必要と確信し、自ら「感歴祝い」の文化を作り上げた。(感歴の中の7つの贈りもの)@感謝を伝える喜び(言葉のチカラ)A親の本当の想いに触れる(愛)B家族の歴史を共有出来る(真実)Cアイディンティティーへの誇りと自尊心の向上(命)D五感から心に刻む想い出(ふれ合い)E最高の親と家族の笑顔(写真)F温かい家族の時間と未来(希望)

第552回経営者モーニングセミナー 2016年7月21日(木)

IMGP0700.JPG

講話者:小山中央倫理法人会 大出 仁士 氏 
テーマ:「ピンチが来たら勇気の出番」
輪読 5条 夫婦対鏡
講話内容
小中高と野球部に所属。高3の時に家業の寿司屋を継ごうと決心する。東京の調理師専門学校を卒業後、旧今市市の寿司屋にて7年間の住み込み修業後平成19年に実家の仁兵衛寿司に入る。2年後父親と仕事のやり方で口論となる。自分にもできると調子に乗って修行先でのやり方を押し通していた。平成21年に再度群馬県にて修行に出る。1年半の修行後人間性も重要と気づく。平成26年に小山中央倫理法人会に入会。店の在り方は親孝行したり、お客さんに喜んで貰うことが大切だと思うようになる。マイナスの事をプラスに考えた時に勇気が持てるようになる。マイナスの事を受け入れてなりたい自分になって自信を付けたい(ピンチはチャンス)。イチローはセルフコントロールができ、高ぶった言葉を発しない。人間は調子に乗ると周りが見えなくなる。中途半端に頑張るのも1日。全力で頑張るのも1日。日々の積み重ねが人を育てる。           

第551回経営者モーニングセミナー 2016年7月14日(木)

IMGP0696.JPG

講話者:(一社)倫理研究所 法人アドバイザー 中嶋章浩 氏 

テーマ:「継承から創造へ」
輪読 4条 万象我師

講話内容
美容業を営む。奥様が体調を壊し自宅で寝ておられた時があった。仕事を優先し、奥様には自力でタクシーに乗り病院に行ってもらったがそのまま入院された。自身が家事や育児におわれ、病気で倒れ、気がついたら病院にいた。仕事が出来なくなり、スタッフの退店が続いた。お客様から倫理を紹介される。倫理指導を受ける。奥様がされていた家事や育児に対して、初めて感謝され、先祖との繋がりの大切さを認識し、すなおな心で生きることで苦難を克服された。(人の心は体全体に行きわたっている)対者我鏡…人はわが鏡である。自分の心を映す影像(えいぞう)にすぎぬ。我鏡一体…周りの環境は、自らの心の世界を映し出す。身心相関…感情は身体にも適応する形で現れ身体の疲労は心理的意識となって反映する。物心一如…物と心は一体である。

第550回経営者モーニングセミナー 2016年7月7日(木)

28-7-7.jpg

講話者:宇都宮南倫理法人会 広報委員長 辻 隆雄 氏  
テーマ:「倫理は“愛の架け橋”」
輪読 3条 運命自招

講話内容
昔は暗くて引きこもり気味だったが、18歳で社交ダンスを始め、プロを目指して努力をしていた。30歳の頃坐骨神経痛の為断念する。会社の仕事も忙しく、睡眠時間も2、3時間しかとれなく、人間関係でのストレスが原因に思う。退職し起業するが中々うまくいかなかった。そんな時活動をしていた「掃除に学ぶ会」の方から倫理を紹介頂き2013年8月に入会。3ヶ月間は休眠していたが年が明けた1月から参加を始める。元気な方達ばかりなので元気になっていった。モーニングセミナーにも積極的に参加しようと決意した。最上相談役より100日墓参を勧められ始めた。翌日は大雪で大変だったがなんとか墓参が出来た。30日目からは立って拝んでいたのがしゃがんで拝むようになってきた。続けているうちにいろいろな気づきが生まれた。「命はご先祖様の愛の結晶」…。 

第549回経営者モーニングセミナー 2016年6月30日(木)

IMGP0693.JPG
講話者:宇都宮市倫理法人会 副会長 増渕 眞智子 氏  
テーマ:「継承から創造へ」
輪読 2条 苦難福門

講話内容
普及活動は自信のある人は普及が出来るが、自信のない人は中々普及が出来ないので背中を押してあげるようにしている。普及をして新しい人が入り、新しい人が普及をするということが必要。入会して8年になる。何度かモーニングセミナーに参加をし、ビビッと来るものがあり入会を決意する。仕事は増渕倉庫(株)3代目。倉庫管理、大型貸し店舗運営。リーマンショック後倉庫が空っぽになったことがあった。時代の流れに見合うよう思い切って新しく建て直しをした。自身が福祉関係に尽力されていることからなのか、なぜか福祉関係の会社からの仕事依頼が多いとのこと。茶道(宗偏流)、華道を嗜んでおられ、伝統文化の継承にもご尽力されている。娘さんも茶道を教えられている。

第548回経営者モーニングセミナー 2016年6月23日(木)

28-6-23
講話者:宇都宮市北倫理法人会 副会長 松岡 孝一 氏  
テーマ:「倫理を学んで気付いたこと」
輪読 1条 日々好日

講話内容
今までお山の大将のようなところがあったが、倫理を学んで今まで出来てないことが沢山あることに気付かされた。感謝をする心が育まれた。宇都宮市北倫理法人会では3年前に普及拡大委員長を拝命。万人幸福の栞を行動指針としている。パンドラの箱を21年営業してきたが6月に閉店をする。7月に新店舗オープン予定。倫理の教えの「信成万事」、「心即太陽」を実践しオープン準備は順調に進んでいるとのこと。バリでの家具の買い付けでは異業種交流会で知り合った方にバリに精通している方を紹介頂いて段取りをして頂き、破格で買い付けが出来たとのこと。また新店舗予定地は栃木県の景観賞を獲ったことがあり、どうしてもそこで営業したかった。交渉に管理会社のエリアマネージャー、社長がみえられた。出店計画があったようだがやらせて頂けることになった。ノミは1m飛ぶ能力があるが、ガラスの入れ物の中に入れて蓋をすると最初はビョンビョン飛ぶがそのうち飛ばなくなる。蓋をとっても飛ばなくなる。飛べるようになるには1m飛べるノミを隣に付ければ良い。1m飛べることを自分が実践をしていきスタッフを盛り上げ成長していきたい。倫理に入って一番良いことは真面目でやる気のある経営者に出会えること。恩を貰ってばかりだが、人から受けたものをどうやって返せるかを考え日々活動している。 

第547回経営者モーニングセミナー 2016年6月16日(木)

IMGP0689.JPG
講話者:日光市倫理法人会 専任幹事 鷹觜 里子 氏  
テーマ:「感謝」
輪読 17条 人生神劇

講話内容
仕事は日光市にて墓石、石材の製造販売を営む。製造にあたり風水を取り入れている。主人は以前は消防署員であった。結婚後家にいることが多くどうしたのと聞いたら公務員を辞めたとのことだった。倫理にはずっと参加をしなかった。次女が倫理に参加をしており、専任幹事をやっていた。結婚を機に長女が代わりに参加。栃木県後継者倫理塾の塾生であった。単会の事務局をお願いされたのが倫理のデビュー。当時の伴会長に出会ってものすごく人生を好転させることが出来た。娘にそろそろ結婚しなさいと言った時、お父さんと結婚をして何が良いのと言われたことがあった。主人に相談したところ二人で反省をした。夫婦は黙っていても夫婦。喧嘩をしているわけではないが、仕事が休みの時は夫婦で映画を見に行ったりして、おみやげにはポップコーンを買っていった。なるべく二人で出かけるようにした。後に次女は結婚をした。夫婦はただ黙っているだけではいけないと思った。富士高原研修所の研修、倫理指導も受けた。倫理を学んでから心がけていること「明朗に生きる」ということ。明朗に生きる為には、気づき、感動、実践が大切だと思う。これを継続することで感謝が生まれ、感謝が人生を好転させるのだと思う。

第546回経営者モーニングセミナー 2016年6月9日(木)

IMGP0687.JPG
講話者:栃木市倫理法人会 女性委員長 佐山 華奈子 氏 
テーマ:「父からの教えで越えた人生」
輪読 16条 尊己及人

講話内容
実家は東京で商売をしていたが、関東大震災で丸焼けになる。第二次世界大戦で栃木市へ疎開をする。祖父が室町の乾物屋を買い取り住み続けることになる。ご主人とはお見合い結婚。夫婦間の問題もあったが、父からは相手は変えられない。自分が変わらないとだめだと言われた。子供に中々恵まれなかったが、後に息子が産まれ、入学式、卒業式、学芸会等々貴重な経験が出来た。建築会社を興したのは女性が建築の中に入らないと思うような物が出来ないのではないかと思ったのがきっかけ。東京で建築の勉強をした後、自宅の一角で事務所を開き、後に女性2人を雇い3人で仕事を始める。学校の先生、先輩、クラスメイト等から仕事を頂けるようになる。今年で創業25年。25周年パーティーをして息子に社長を譲ろうと思う。仕事を始めて良かったことは色んな友人が出来たこと。倫理に出会えたこと。事業に成功をしている人は倫理的だと思う。                                                

第545回経営者モーニングセミナー 2016年6月2日(木)

IMGP0684.JPG

講話者:株式会社オ-エスエー
    代表取締役社長 村上 修 氏  

テーマ:「日々好日」あたりまえに感謝

輪読 15条 信成万事

講話内容
現在23歳。会計事務所、住宅リフォーム会社に勤めた後、平成27年7月に個人創業し、平成28年3月に中古品販売の株式会社オーエスエーを設立する。倫理には宇都宮市倫理法人会のモーニングセミナーにて初参加。名刺交換もでき、新鮮で2月に入会する。他に花火大会のボランティア実行委員会、めっけの会に所属。日本は戦後経済成長をしたが、「和」が失われつつある。今は転換期にあると思う。「温故知新」の理念が必要。「和」に携われるような事業展開をしたい。生きていることがかけがえのないことで幸せに思う。当たり前のことが感謝すべきこと。当たり前の反対語が有難う(有ることが難しい)。当たり前の積み重ねが人生。頑張れ(困難な状況を耐えしのぐ)自分に自発的に言うのが本来の意味。頑張れよりも良いのが「顔晴れ」辛い時にでも元気に朗らかな気持ちで接するようにしている。 一度きりの人生。大変な日々であるが毎日楽しく希望を持って生きている。 

第544回経営者モーニングセミナー 2016年5月26日(木)

倫理MS160526.JPG

講話者:宇都宮市北倫理法人会 会長
    阿部 欣文 氏  

輪読 14条 心即太陽

第542回経営者モーニングセミナー 2016年5月12日(木)

IMGP0682.jpg

講話者:萩原 良章 氏  

テーマ:「皇位継承問題を考える」

輪読 12条 捨我得全

講話内容
日本国の特色は農耕民族である。天皇皇后両陛下は、宮中祭祀を年間約20件近く行われている。最も大事にしている宮中祭祀が11月23日に行われる新嘗祭 (初穂を神に供え、天に感謝する日)である。
天皇家は代々男系を貫いている。血筋では男子は『種』、女子は『畑』の役割を担っている。種はどのような畑にまいても同じ種類の植物が生えるが、畑に生えてくる植物はどんな種がまかれるかによって変わる。女性天皇が即位して民間男子と結婚し子どもが生まれて皇位を継承すれば、その民間男子による新しい王朝が誕生したということになる。
天皇に名字がないのは男系男子で繋ぐからいらない。女系天皇を認めると権力闘争もおきかねない。男系男子の皇位継承は無用な権力闘争を防ぐ歯止めになる。

第540回経営者モーニングセミナー 2016年4月28日(木)

2016-04-28 07.03.33.jpg

講話者:那須野ヶ原中央倫理法人会 会員
    東京石材(株) 代表取締役 川嶋  稔 氏 

テーマ:「社会に学ぶ…小さい・細かいことの大切さを実感」

輪読 11条 万物生々

講話内容

秋田県生まれ。東北地方は出稼ぎが当たり前で、父は単身で東京へ勤めに出ていた。子供の頃は貧しい生活だった。東京の寮に入れることになり、家族で東京へ引っ越す。4畳半のアパートに家族5人で暮らす。物が無いので、母がどこからか借りてきてた。壊さないでねとよく言われてきた。父は通勤で電車を使わず歩きで通っていた。1円でも無駄にするなと言われてきた。後に父が川砂生産の会社をおこす。社会人となりNECへ勤務。府中市で設計の仕事をすることになる。始発電車で職場へ向かい、終電で帰る生活を2か月していた。仕事がら方眼紙をずっと見ることが多く、目から見えるものの中に方眼紙が離れなかった。父の会社がいいなと思うようになり入社。どんな機械でも動かさないといけないので、いろんな試験を受け、一発で受かった。岩石採集の仕事の誘いを受け黒羽へ。倫理は材料を購入して頂くお客様からの紹介で入会。娘が元気がなかったので、那須野ヶ原矢板倫理法人会へ入会させる。私以上に元気になってきた。会社近くの小学校の学童指導を月に1回行っている。合併で小学校がなくなったが、地域の方からの要望で継続している(28年継続)。レジ袋を無駄にせずコンパクトに折りたたみ、再利用を心がけている。

第540回経営者モーニングセミナー 2016年4月21日(木)

4-21.JPG

講話者:一般社団法人倫理研究所 関東・甲信越方面長 津隈 亮二 氏 

テーマ:「心のおしゃれしませんか」

輪読 10条 勤労歓喜

講話内容

日本文化の「道」には形がある。先人が発した形を徹底して守る=守破離。日本には色んな派がある。純粋倫理生活道では、心は形に現れる。形から変える。気が沈んでいるときは姿勢も心も曲がっていく。代表的な実践が挨拶。心を置いて形を整えると自分自身が変わる。心の学び、心のお洒落を学ぶのが倫理。内側を磨くところはそうはないと思う。魅力溢れる人になるには恩意識を深めていく。自分自身が生まれた元の両親に対して感謝を深めていく。恩意識→人を許せる、包容力が高まる→無限の愛→慈の心が高まる(美しき自己犠牲)→魅力(内側から光り輝く)→一日一日の積み重ねが重要。

第539回経営者モーニングセミナー 2016年4月14日(木)

4-14.JPG

講話者:宇都宮南倫理法人会 会長 湯澤 洋子 氏 

テーマ:「誠は大の道なり」

輪読 9条 破約失福

講話内容

宇都宮南倫理法人会会長3年目。昭和54年ゆりかご保育園を開園。ご主人は糖尿病を患っており、私が頑張るしかないと突っ走ってきた。無理がかかり36歳の時に敗血症になる。そんな時に、自分を必要としてくれる保護者、職員、子供がいるということに気付き、私が私がでなくなった。ご主人の余命が頑張っても5年と宣告を受けた頃、第2保育園を作ろうとご主人が言った。遺言と思った。ご主人の死後から1年後倫理に出会う。モーニングセミナーだけは休まないと決心し、風邪など以外では休んだことはない。富士研修所の研修も6回参加されている。深い学びが出来るとのこと。今まで気付かなかったことを気付かせてくれる。福祉の道に携わり41年目。私利私欲ではだめ。死ぬまで光り輝いていることが良い。苦難を一つ一つ乗り越えて一生懸命考えて誠を尽くす。一瞬一瞬愛を持って進んで行きたい。

第538回経営者モーニングセミナー 2016年4月7日(木)

講話者:太平洋クラブ 支配人 植田 浩史 氏 

テーマ:「子供たちにゴルフを」

輪読 8条 明朗愛和

講話内容

子供に与えるスポーツマンシップが歪んで見える。サッカーは審判に見つからなければ違反行為をしても良い。わざと転んだりしている。ばれなければ悪いことをしても良いんだと誤解されてしまう。悪いことをするのが技のように思われる。ゴルフの生中継では何が起きるか分からない。最終ホールをプレーオフのスコアであがってきた韓国の選手が、グリーン上で違反行為をしていたことを視聴者からの指摘で2ペナルティーとなり2位となった例もある。
ゴルフはエチケットマナーがある。ブレザー着用、大声を出さない。プレー中は人が打つときは動かない。バンカーで打ったら均す。これは、自分の痕跡を残さない(人の為にやる)みんながやるからゴルフが成り立つ。実社会で考えると道徳に通じる。これをゴルフを通じて子供に教えたい。ゴルフ場利用税を撤廃に向けて動いているが撤廃にならないと思う。全国の税収は500億円。1つの県で10億円でその内10%をゴルフ場に還元してもらえないかと考える。子供たちの育成に使える。

第537回経営者モーニングセミナー 2016年3月31日(木)

3-31.JPG

講話者:有限会社飛行船 代表取締役 桶田 正信 氏 

テーマ:「武士道に学ぶリーダーの条件」

輪読 7条 疾病信号

講話内容

武士道は、新渡戸稲造著書「武士道」をアメリカのルーズベルト大統領が友人へ読むように勧め世界へ広まった。
ちり紙交換を13年行った。出てくるゴミ、資源物を見るだけでその地域と人格が分かる。資源ごみ回収を障害者の子供たちと一緒に行った。古着を使ったウエス工場を作り障害者雇用している。ウエスは県内優良企業等へ納めている。鹿沼の産業には何があるか?麻、お茶(板荷)、朝鮮人参。県内不登校者1,800人。全国に12万人。ほっとけば引きこもりになり、生活保護者になる。身近な足元の問題を解決していかなくてはいけない。この問題を鹿沼発で解決したいと考え、全国の引きこもりを鹿沼に呼び、板荷の手もみのお茶等鹿沼の名産品を全国へ発信したい。青年は何の為に生きているのか使命感を感じると良い。
竹は雪の重みでも折れないのは節があるから。強靭な意志は鍛錬から生まれる。人の為に生きると決意したとき何倍もの力を発揮する。自分の為に生きると力を発揮できないのは我欲に陥るから。自分の内面にある潜在能力を引き出せば良い。倫理はそういう場だと思う。

第536回経営者モーニングセミナー 2016年3月24日(木)

3-24.JPG

講話者:一般社団法人倫理研究所 法人アドバイザー 星野 幸一氏 

テーマ:「恩を忘れるな」

輪読 6条 子女名優

講話内容

桐生市にてクリーニング店を営む。店舗数33店舗。従業員数50名(パート含む)。
社員教育は職場の教養と今週の倫理。パートのおばさんが色んな気付きをしてくれる。
私たち零細企業では景気の良い悪いは関係ない。一生懸命にお客様のことを思い、最高の品質を提供するような仕事を続けていれば繁盛する。 
1歳2か月で母親を亡くす。あまのじゃくで人から嫌われ者だったが57歳で倫理に出会う。倫理指導にて1歳2か月の間母親は精いっぱいの愛情で包んでくれたのだから33歳で亡くなった母親の無念を考え長生きするぞと思う。

第535回経営者モーニングセミナー 2016年3月17日(木)

3-17.JPG

講話者:一般社団法人倫理研究所 法人スーパーバイザー 野口 起生 氏

テーマ:「人生が変わる(捨てる生活)」

輪読 5条 夫婦対鏡

講話内容

現在小山商工会議所副会頭。17年前に埼玉県久喜市にて倫理に出会う。紹介者がお客様だったので断れなかった。入会当初は、開会間際に会場入りしていた。万人幸福の栞を読んでいる内に必要な勉強だなと感じ、週1回のモーニングセミナーには休まなかった。倫理で役を受けると人生が変わる→変えてもらう雰囲気になる。後に小山市倫理法人会へ移籍。ある研究員が万人幸福の栞を毎日読んでいるとのことから、万人幸福の栞を毎日読んでいる(心のトレーニング)。万人幸福の栞を理解できない場合は「ひとすじのみち」(1,500円)を購入すると良い。

商法(儲ける)・・・どのように商いを行うか。その方法は、日々変わり続ける。

商道(儲かる)・・・不変、徳(修行)=倫理

第534回経営者モーニングセミナー 2016年3月10日(木)

3-10.JPG

講話者:沼田市倫理法人会/数学・能力開発塾「開華」代表 村松 大輔 氏

テーマ:「意識を高め器を拡大する【魂編】」 

輪読 4条 万象我師

講話内容

脳科学・量子力学・心理学の観点から人間の無限の潜在能力を発揮する「能力開華セミナー」を理論のみならず体感ワークを通して行っている。

・人は目に見えないフォトン(素粒子)を発する。ポジティブな言葉を言ったり思ったりするとポジティブなフォトンを発する。逆にネガティブな言葉を言ったり思ったりするとネガティブなフォトンを発する。フォトンは共振し[重ね合わせの原理]で振幅が2倍になる。イライラ同士の共振が、世界の戦争や紛争の火種。
優位の波動(優しさ、思いやり、愛)は低位の波動(批判、攻撃、中傷)に影響(包み込める)を与える。・自尊心を大切にする。自分を「どうせ私なんて…」と思っているとゴミ箱オーラを発し→「あんたなんて!」と扱われる。「私よくやってるじゃん」と思うと宝箱オーラを発し→「宝だ!大切にしよう!」とされる。この考えは万人幸福の栞第16条「尊己及人」に通じる。

第533回経営者モーニングセミナー 2016年3月3日(木)

3-3.JPG

講話者:那須野ヶ原矢板中央倫理法人会 会長 人見惠子 氏 

テーマ:「13年目の実践」

輪読 第3条 運命自招

講話内容

仕事はミレット・スタイル代表取締役。健康的な食生活を提案され、料理教室、セミナー等をなされている。倫理は入会13年目。当時は宇都宮市倫理法人会に入会。5、6年学び幹事にもなったが、倫理の学びは正直深くなかった。倫理に対して真剣に取り組み始めたのが13年目の今とのこと。那須野ヶ原矢板倫理法人会へ移籍し、会長の打診があった際は悩んだ。モーニングセミナーの全国出席率ランキング630位と県内でワースト3であった。沈没船を水面へ上げるには多少の反発は覚悟で去年の暮れまでは語気を強めていた。ところが皆さんへ労をねぎらう言葉をかけるようにすると出席率ランキングも徐々に上がり始めた。今はモーニングセミナー会場を満席にしようと取り組んでいる。

第532回経営者モーニングセミナー 2016年2月25日(木)

IMGP0627.JPG

講話者:栃木市倫理法人会 朝礼委員長 四反田善仁 氏 

テーマ:「活力朝礼の効果」

輪読 2条 苦難福門

講話内容

栃木市にて損害保険代理店業、生命保険代理店業を営む。社員は16名。活力朝礼では全員の動きを合わせるのが大変とのこと。倫理は何の疑いもなく即入会。万人幸福の栞を読むうちに、経営者は中身を理解することが必要であると思った。経営理念は1.社会貢献2.サービス付加価値3.創意工夫。経営理念を達成するには力が必要。社員に力を与えるには活力朝礼を行うこと。朝礼は継続的に行えるので身になる。活力朝礼の効果として、女性社員の電話の応対が堂々となり、好感がもてるようになってきている。
また、社内アンケート実施の際も、ウォーミングアップになる。情報の共有化。基本動作の習得訓練になる。(お辞儀の角度、素早い動作、営業マンに対するお客さんの感じ方も変わってくる)などの感想があり高評価を得ている。
人材が成長する=企業が伸びる→お客様が幸せになれる。家族や同僚も幸せになれる。会社は人材の育成がすべて。だから人材が活き活きと仕事に取り組むこと。それがすべての根源である。

第531回経営者モーニングセミナー 2016年2月18日(木)

2-18.JPG

講話者:群馬県倫理法人会 モーニングセミナー委員長 中澤 洋子 氏 

テーマ:「おかげ様」

輪読 1条 日々好日

群馬県前橋市出身。仕事は高崎市にてフラワーアレンジメントスクールグリームナック主宰。出店当初は若い年齢で高崎駅前に出店をしたということで怪しまれ、商店街の方達に受け入れられなかった。自力で頑張ってきたのが理解され応援をされるようになる。商店街理事も歴任。13年前に一度倫理に入会していた。仕事も忙しく夜型人間でモーニングセミナーに参加する体力がなかった。独立したばかりで会費1万円は辛かった。大きくなってまた戻ってこようと思っていた。様々なチャレンジをして7歳から思っていた自分の店を二十歳を過ぎて作った。その後世界に目を向け、世界の賞を獲った。第5回新世紀宮廷芸術祭〈2005〉ハプスブルク美学賞受賞等。華やかな世界を体験して行く中でこれは錯覚してしまうなと思い始めた。5年前に高崎東倫理法人会に入会。モーニングセミナー委員長になり、毎週人生観を聞く中で気付くことがあった。モーニングセミナーは聞く学び、話す学びがある。その学びをビジネスに繋げる。経営者の会である以上ビジネスの繁栄も大切。県のモーニングセミナー委員長のお役を受け、各単会のモーニングセミナーの活性化を厳しく行っている。県の全国ランキングを30番からベスト10以内にもっていきたい。単会の全国ランキングで48番に入る単会が出来た。出来ないことを出来ると信じてやる。そしてそれを形にしていく。

第530回経営者モーニングセミナー 2016年2月4日(木)

2-4.JPG

講話者:栃木市倫理法人会 会長 渡邊 有紀子 氏 

テーマ:「大丈夫。やればできる」

輪読 17条 人生神劇

講話内容
会長は今期で2期目。会社はワタレイ株式会社(冷凍冷蔵空調設備施工メンテナンス)
出身は千葉県茂原市。大学卒業後千葉銀行へ入社。その後家業のガソリンスタンドを継ぐ為退社すると同時にお婿さんを貰う。子供も産まれ順風満帆な生活であったが、旦那さんが事故で亡くなり25歳で未亡人となる。世の中を恨み、夜中2、3時まで働き、朝は弁当を作り子供を保育所に預ける生活をしていた。子供と一緒に命を絶とうと思ったこともあった。そのような時、父から「前を向こう」(習慣化され品性が良くなる=品格が良くなると運命が良くなる)の言葉を受け、心掛ける。縁あって今の県会長と出逢い栃木に来る。そこで倫理と出逢う。朝は夫婦向かい合って畳の上で挨拶が日課。一昨年9月1日の挨拶では栃木市倫理法人会会長をよろしくお願いしますと言われ、謹んでお受けしますと述べ覚悟ができた。会長職は周りの支えがあってできる。歴代会長の思いを受け継ぎ、一歩一歩やっていこうと思う。楽しくやろうと心掛ける。チーム栃木に感謝。色んな気付きが糧になる。偶然は必然。これから起きる事も必然。

第529回経営者モーニングセミナー 2016年1月28日(木)

1-28.JPG

講話者:栃木県知事 福田 富一 氏 

テーマ:「とちぎ創世15戦略」

輪読 16条 尊己及人

講話内容

とちぎ人気度ランキングが47位から35位に上がった。20代の西日本の方の票が高まっている。JR西日本の宣伝効果、日光東照宮400式年大祭を多くのメディアが取り上げられた効果がある。とちぎの苺「スカイベリー」の販売に力を入れている。1個1,600円。専用のロボットで傷のつかないように苺をつかみ、専用のカプセルにヘタ付きで1個づつ入れ輸出している。物づくりにはブランド力を高める事が重要。日本で1番の物なら海外でも通用する。沢山売って、社員へ還元する。東京有楽町にある「ふるさと回帰支援センター」には、東京の30、40代の子育て世代の栃木への移住の相談が増えている。地理的優位性もある。交通の便の良い所の空き家を「準公営住宅」として若い人に貸し出す支援もある。年間1万人の学生が大学などに入学する。2600人が県内、2,600人が東京都、4,800人が周辺県。学生へのUターン数を増やす対策もしていくとのこと。

第528回経営者モーニングセミナー 2016年1月21日(木)

1-21.JPG

講話者:一般社団法人倫理研究所 法人アドバイザー 高野 睦子 氏 

テーマ:「純粋倫理は人生の羅針盤」

輪読 15条 信成万事

講話内容

新潟県魚沼郡在住。今年は雪が少ない。雪国は雪がある為に生活が成り立っている(雪の除雪等)。結婚式の貸衣装業を営んでおり、今では美容部門、写真部門もあり、総合ブライダル企業として成長している。創業はご主人の脱サラで共同経営で開業。しかし、2年後に交通事故でご主人が他界。ご主人が亡くなる前に藤巻潤との対談記事で取材を受けていた。今後の展望を述べており、遺言だと思い何百回も読んだ。
ご主人の夢を実現したいと必死だったが、午後2時に営業から帰って来ると社員が昼寝をしていることもあった。能力開発の養成学校へ社員さんを通わせたりした。社員はファミリーなのに私の手足だと思っていた。クレームも度々あった。21年前に倫理を紹介され入会。職場の教養を中々受け入れてくれなかったが、半年過ぎた頃から会社の雰囲気が良くなってきた。万人幸福の栞は人間仕様書。第1条にある通り気付いたらすぐする。出欠の返信はどうしようか迷ったら出席する。迷ったらやる方向へ。自己本位から他人に合わせられる人へ。わがままだから不満が起きる。

 

第527回経営者モーニングセミナー 2016年1月14日(木)

1-14.JPG

講話者:(一社)鹿沼青年会議所 理事長
    木嶋鈑金塗装(有) 木嶋 孝太 氏

テーマ:「人間万事塞翁が馬 己を信じて未来を切り拓け」

輪読 14条 心即太陽

講話内容

今年度青年会議所は創立50周年を迎える。会員数は55名。会社は創業50周年を過ぎている。結婚を機に鹿沼へ(お婿さんとして木嶋鈑金塗装へ就業)
生まれは東京都東久留米市。父は運送会社を経営しており大手建設会社の下請けを行っていた。よくトラックの助手席に座って仕事を手伝っていた。父が先々を考え、半導体関連業の成長もあり、建設業の下請けから精密機械を運送する下請けへと変えていった。車両も徐々に増えNHKの番組にも取り上げられたりした。
ところが高校2年生の時に倒産。父が家族の前で涙をこらえながら倒産を打ち明けた。
住み慣れた家も出なくてはならなくなった。今でも間取りを覚えている。父は今でも元気に働いている。奥さんとは付き合って1か月で結婚。すっかり鹿沼の人となっている。父の会社がうまくいっていたらどんな未来がまっていたかは分からないが二度とあの思いを家族にはさせたくない。その経験がなかったら今の自分はない。一時の不幸に惑わされずに自分を信じて進んで行きたい。

第526回経営者モーニングセミナー 2016年1月7日(木)

1-7.JPG

講話者:鹿沼市倫理法人会 会員

    社会保険労務士事務所 レクシード 代表 鈴木 教大 氏

輪読 13条 反始慎終

講話内容

助成金は種類も多く複雑。制度も変わりやすい。安倍政権の理念に基づいて様々な制度を作っている。企業の人材育成では、OJT(職場内場内訓練(先輩社員が指導))、OFF-JT(職場外研修(外部講師が指導))がある。クラウドコンピューティングシステムを提供し、労務管理の効率化を図られている。

第525回経営者モーニングセミナー 2015年12月24日(木)

講話者:峰町キリスト教会 主任牧師  安食 弘幸 氏  

27-12-24.JPG

講話者:峰町キリスト教会 主任牧師  安食 弘幸 氏  

テーマ:「クリスマスの真実」 

輪読 第12条 捨我得全

講話内容

聖母マリア様は何事にも恐てはいけない。神があなたのそばにいるから勇敢でありなさいとおっしゃっている。(失敗を恐れる。孤独を恐れる。愛を恐れる。 )恐れることは能力を極端に制限する。
マザーテレサは道端で倒れている人を助けていた。貧しい人々が安らかに死を迎えられる「死を待つ人の家」を発足した。 『 大切なことは、人間として尊厳を持つこと。体が飢えるよりも、 心や愛の飢えの方が重病。』人間の尊厳性を回復して貰いたいと思っていた。亡くなる人が最後に言う言葉が「ありがとう」と言う。(人間の尊厳性を回復した生き方。)

清掃研修 2015年12月17日(木)

27-12-10.JPG

清掃場所 

・鹿沼商工会議所3階 大会議室

・鹿沼商工会議所周辺

・鹿沼市立図書館周辺

・鹿沼市立川上澄生美術館周辺

・ハローワークかぬま周辺

第523回経営者モーニングセミナー 2015年12月10日(木)

斉藤幸一氏151210 002.JPG

講話者:宇都宮南倫理法人会 会員

    (有)アップライジング 代表取締役社長 齋藤 幸一 氏  

テーマ:「21世紀のノブリスオブリージュ」 

輪読 第11条 万物生々

講話内容

高校、大学時代はボクシン部主将として活躍。アトランタオリンピックを掛けた決勝戦での敗退でプロボクサー引退を決意。
父、弟と共にくずやの齋藤を開業。江戸しぐさを会社経営に生かしている。3.11地震でのボランティア炊き出しで被災者の方からの大きな声で元気を頂いたとの言葉から朝のあいさつ運動、栃木掃除に学ぶ会、ロータリークラブ入会へと繋がる。また、児童養護施設支援、障がい者雇用、発展途上国支援等社会貢献に尽力をされている。

第522回経営者モーニングセミナー 2015年12月3日(木)

27-12-3

講話者:(株)アガ設計工業 (株)アーリス 取締役会長

    工学博士・一級建築士・鹿沼市議会議員 市田 登 氏  

テーマ:「市民主体の新しい町づくりの仕組みづくりへの挑戦!」

輪読 第10条 勤労歓喜

講話内容

建物は30年でリフォーム、60年で建て替えのサイクル。建物を解体するまでの費用は建築費の約3倍かかる。ランニングコストを抑える建物を作っていかなくてはいけない。
鹿沼市の新庁舎建て替え問題は延期の状態であるが建築士の立場でしっかりとアドバイスしていきたい。
セルロースナノファイバーという新素材に注目している。鉄より7倍強く、5分の1の軽さ。市長にも提案していきたい。
秋祭りのユネスコ無形文化財認定で賑わいを取り戻していきたい。屋台巡りバスツアーを作りたい。屋台蔵をパイプシャッターにして屋台が見られたらいいなと思う。
外国のお客さんも来るので高校生も英語が話せるようになれば勉強にもなるので良いのではないか。

第521回経営者モーニングセミナー 2015年11月26日(木)

27-11-26

講話者:株式会社スズキプレシオン 代表取締役 鈴木 庸介 氏  

テーマ:「未来につなぐ企業づくり」

輪読 第9条 破約失福

講話内容

会社のマークには環境を大切に、雑草のように強い会社をという思いが込められている。

2005年に下請け体質の脱却を考え医療機器分野へ転換を図る。目的は高付加価値経営の実現。2008年のリーマンショックが大きな転換期であった。

マイナス要因があった時はプラスに転換するように心がけた。(楽天的な性格)大変革時代は小リスクで多くの種まきを。

経営者に必要なことは情報と人。経営陣のまめさと行動力!すべてはひとから。

第520回経営者モーニングセミナー 2015年11月19日(木)

27-11-19

講話者:一般社団法人倫理法人会 法人アドバイザー     
    山梨県倫理法人会 相談役                

    株式会社古屋寝身具商会 代表取締役  古屋 哲男 氏

テーマ:「逃げてはいないか!」
輪読 第8条 明朗愛和

講話内容

20歳で宝石の卸売業を創業。売り上げの減少もあり、17年ほど前からトランクルーム、貸しロッカーのレンタル業を創業。会社経営で大事なこと・・・会社を大きくしない。家訓を守ること。毎年新しいアイディアで会社を変えること。二宮尊徳先生の利他の心を大切にされている。

第519回経営者モーニングセミナー 2015年11月12日(木)

27-11-12

講話者:宇都宮中央倫理法人会 相談役

    株式会社いがらし不動産 代表取締役 五十嵐 薫 氏

テーマ:「納得の我実践、更に深めて!」

輪読:第7条 疾病信号

講話内容

仕事がら朝はゆっくりめであったが、モーニングセミナーへ積極的に参加し、社内でも活力朝礼を取り入れたところ社内の雰囲気が良くなる。純粋倫理の実践により「明朗・愛和・喜働」の職場、家庭環境を。先ずは先手の挨拶を心がける。歩きながら挨拶するよりも一度止まって挨拶を。祖先を敬い、お墓参りをすることを心がける。自身に何らかの良い効果が現れるのでお勧めする。

第484回経営者モーニングセミナー 2015年2月26日(木)

2015-02-26

講話者:法人局 法人レクチャラー 内山昌紀 氏
テーマ:「逃げてはいないか!」
輪読 第7条

第483回経営者モーニングセミナー 2015年2月19日(木)

20150219MS

講話者:日本FD協会 関東ブロック長 高橋昭夫 氏
テーマ:「FPの業務について(ファイナンシャル・プランナーとは)」
輪読 第6条

第482回経営者モーニングセミナー 2015年2月12日(木)

20150212MS

講話者:宇都宮市北倫理法人会 ん太郎 氏
テーマ:「Q&A」
輪読 第5条

第481回経営者モーニングセミナー 2015年2月5日(木)

20150205MS

講話者:栃木県倫理法人会 副会長 田崎利也 氏
テーマ:「後継ぎ」
輪読 第4条

第480回経営者モーニングセミナー 2015年1月29日(木)

27-1-29

講話者:法人局 法人スーパーバイザー 荒井久満 

テーマ:「良い結果は準備次第」

輪読 第3条

第479回経営者モーニングセミナー 2015年1月22日(木)

27-1-22

講話者:栃木県倫理法人会 青年委員長 荻原千秋 

テーマ:「運命自招」

輪読 第2条

第478回経営者モーニングセミナー 2015年1月15日(木)

27-1-15

講話者:鹿沼青年会議所 理事長 大越昌宏 

テーマ:「鹿沼青年会議所で学んだこと」

輪読 第1条

第476回経営者モーニングセミナー 2014年12月25日(木)

26-12-25

講話者:鹿沼市倫理法人会 副事務長 櫻井まさ 

テーマ:「ただ...一生懸命生きて」

輪読 第16条

第472回経営者モーニングセミナー 2014年12月11日(木)

26-12-11

講話者:法人局 理事 東納英一 氏

テーマ:「喜べば全てが好転する、成功の秘訣」

輪読 第14条

第473回経営者モーニングセミナー 2014年12月4日(木)

26-12-4

講話者:宇都宮北倫理法人会 会長 荻原葉子 氏

輪読 第13条

第472回経営者モーニングセミナー 2014年11月27日(木)

26-11-27

講話者:栃木県倫理法人会 MS委員長 出村武志 氏

テーマ:「倫理に支えられて」

輪読 第12条

第471回経営者モーニングセミナー 2014年11月20日(木)

26-11-20

講話者:那須野ヶ原中央倫理法人会 大江宣武氏

テーマ:「商売繁盛は親子の絆から」

輪読 第11条

第470回経営者モーニングセミナー 2014年11月13日(木)

26-11-13

講話者:法人局 法人アドバイザー 高嶋民雄 氏

テーマ:「純粋倫理による日本で一番大切にしたい会社づくり」

輪読 第10条

第469回経営者モーニングセミナー 2014年11月6日(木)

26-11-6

講話者:はがの真岡倫理法人会 草村健一朗 氏

テーマ:「実戦・実線・実践」

輪読 第9条

第468回経営者モーニングセミナー 2014年10月30日(木)

26-10-30

講話者:宇都宮東倫理法人会 幹事 浅野薫子 氏

テーマ:「生き抜く」

輪読 第8条

第466回経営者モーニングセミナー 2014年10月9日(木)

26-10-16

講話者:法人局 法人アドバイザー 宮坂政宏 氏

テーマ:「夫婦の愛和が家庭・事業繁栄の「原点」〜祖霊迎拝の倫理〜」

輪読 第6条

第465回経営者モーニングセミナー 2014年10月9日(木)

26-10-9

講話者:鹿沼市法人会 顧問 松井正一 氏

テーマ:「県議会議員活動と倫理」

輪読 第5条

2014年10月2日(木)

掃除研修

26-10-2

第464回経営者モーニングセミナー 2014年9月25日(木)

26-9-25

講話者:栃木県倫理法人会 会長 福田康生 氏

テーマ:「27年度活動方針」

輪読 第4条

第463回経営者モーニングセミナー 2014年9月18日(木)

26-9-19
講話者:鹿沼市倫理法人会 相談役 阿部真一 氏

テーマ:「27年度普及拡充方針」

輪読 第3条

第462回経営者モーニングセミナー 2014年9月11日(木)

26-9-11

講話者:鹿沼市倫理法人会 会長 渡辺芳治 氏

テーマ:「鹿沼市倫理法人会 27年度活動方針」

輪読 第2条

第461回経営者モーニングセミナー 2014年9月4日(木)

26-9-4

講話者:法人局 法人アドバイザー 平野健二 氏

テーマ:「繁栄一本道」

輪読 第1条

第460回経営者モーニングセミナー 2014年8月28日(木)

140828.jpg

講 師: 役員スピーチ
テーマ:「この1年の実践報告」

第459回経営者モーニングセミナー 2014年8月21日(木)

140821.jpg

講 師: 深澤通信工業(株) 代表取締役 深澤清次 氏
     (茨城県倫理法人会 相談役)
テーマ:「倫理実践と事業経営」

第458回経営者モーニングセミナー 2014年8月7日(木)

140807.jpg

講 師:(株)キャリー交通 八下田達哉 氏
    (宇都宮市倫理法人会 幹事)
テーマ:「入会1年を経て気付いた事」

第457回経営者モーニングセミナー 2014年7月31日(木)

140731.jpg

講 師:(株)上野楽器 代表取締役 櫻本節雄 氏
    (宇都宮中央倫理法人会 副会長)
テーマ:「信ずれば成り、憂えれば崩れる」

第456回経営者モーニングセミナー 2014年7月24日(木)

140724.jpg

講 師:山川新聞店(株) 代表取締役 山川 正 氏
    (宇都宮東倫理法人会 幹事)
テーマ:「倫理から学んだこと」

第455回経営者モーニングセミナー 2014年7月17日(木)

140717.jpg

講 師:パンドラの箱西川田店 代表 松岡孝一 氏
    (宇都宮市北倫理法人会 幹事 拡大委員長)
テーマ:「日光東照宮の彫刻・絵画に見る倫理思想」

第453回経営者モーニングセミナー 2014年7月3日(木)

140703.jpg

講 師:日光東照宮 特別顧問 高藤晴俊 氏
テーマ:「日光東照宮の彫刻・絵画に見る倫理思想」

第452回経営者モーニングセミナー 2014年6月26日(木)

140626.jpg

講 師:(株)カイノ電器 代表取締役 海野 晋氏
     (寒河江市倫理法人会 会長)
テーマ:「続く魂」

第451回経営者モーニングセミナー 2014年6月19日(木)

140619.jpg

講 師:ミツヤジーホーム(株) 代表取締役 安江高治 氏
    (長野市南倫理法人会 相談役)
テーマ:「倫理で人生を開く」 日頃の実践報告

第450回経営者モーニングセミナー 2014年6月12日(木)

140612.jpg

講 師:栃木グランドホテル(株) 部長 若林章倫 氏
    (栃木市倫理法人会 幹事)
テーマ:「得るは捨つるにあり」
婿として、また会社の跡継ぎとして中途入社の立場で苦難を乗り切る方法

第449回経営者モーニングセミナー 2014年6月5日(木)

140606.jpg

講 師:鹿沼商工会議所 会頭 木村剛考 氏
テーマ:「企業経営について」

第404回モーニングセミナー 2013年6月27日(木)

23−6−27
講 師:古河市倫理法人会 相談役 小山正雄 氏 
     株式会社 コヤマ 代表取締役
テーマ:「バカでもいいから人には好かれろ!」
輪読 第17条

第403回モーニングセミナー 2013年6月20日(木)

23−6−20
講  師:元栃木県倫理法人会 会長 大西盛明氏 
     潟Iニックスジャパン 代表取締役
テーマ:「第1回オニックス麺ちゃん祭り」
輪読 第16条

第402回モーニングセミナー 2013年6月13日(木)

23−6−13
講  師:栃木市倫理法人会 女性委員長 柿沼ゆたか氏  
     柿沼画廊 代表
テーマ:「倫理と出会って」
輪読 第15条

ガンバレ東北・宮城県の旅 2013年6月9日(日)

23−6−9

第401回モーニングセミナー 2013年6月6日(木)

23−6−6
講  師:宇都宮市北倫理法人会 相談役 田嶋久登志氏
     潟宴堰@自然食品店ララカフェ 代表取締役
テーマ:「母のぬくもり」
輪読 第14条

第400回モーニングセミナー 2013年5月30日(木)

23-5-30
講 師:宇都宮西倫理法人会 専任幹事 長坂 五郎 氏
     潟Wェム総合設備 長坂 五郎 氏
テーマ:「伝統文化からの学び」
輪読 第13条

第399回モーニングセミナー 2013年5月23日(木)           

23-5-16
講 師:中小企業戦略室 代表 チーフコンサルタント 大垣 壽雄 氏

テーマ:「ホスピタリティで会社が変わる!」
輪読 第12条

第398回モーニングセミナー 2013年5月16日(木)

23-5-16
講  師:宇都宮北倫理法人会 副専任幹事 県内レクチャラー
     (有)倉谷製帽所 倉谷 昌良 氏
テーマ: 「倫理実践は人と感動の架け橋」 
輪読 第11条

鹿沼さつきマラソン給水ボランティア 2013年5月12日(日)

kyuusui

第397回モーニングセミナー 2013年5月9日(木)

23-5-9
講 師:社団法人 倫理研究所
     法人局 普及事業部  関東・甲信越方面長 森本 宏 氏
テーマ:「実践の魅力」
輪読 第10条

第396回モーニングセミナー 2013年4月25日(木)

25-4-25
講  師:社団法人 倫理研究所 参与 伊勢田 豊 氏     
テーマ:「渋澤栄一の逆境処世法」
輪読第9条

 

第394回モーニングセミナー 2013年4月18日(木)

25-4-8
講  師:元 高根沢町 町長 高橋克法 氏     
テーマ:「過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えることができる」 
輪読第7条

 

第393回モーニングセミナー 2013年4月11日(木)

20130411a
講  師:金沢市北倫理法人会 監査 新田哲夫 氏
     まごころギフト店 にった
テーマ:「倫理に生かされて」 
輪読第3条

第392回モーニングセミナー 2013年4月4日(木)

20130404a
講  師:栃木県倫理法人会 事務長 渡辺芳次 氏
     アメリカンファミリー生命保険 募集代理店
テーマ:「皇国の興廃 此の一戦に在りー先人が残してくれたもの」
輪読第5条

第391回モーニングセミナー 2013年3月28日(木)

25-3-28
講  師:新潟県上越市倫理法人会 副会長 鈴木俊夫 氏     
テーマ:「倫理で不況を乗り切る22のヒント」
輪読第3条

第390回モーニングセミナー 2013年3月21日(木)

20130321a
講  師:社団法人倫理研究所法人アドバイザー 小林桂子 氏     
テーマ:「倫理の実践と普及」
輪読第3条

第389回モーニングセミナー 2013年3月14日(木)

25ー3ー14
講  師:元宇都宮市市議会 議長 向学館館長 塚田昌弘 氏
テーマ:「ガダルカナル慰霊祭に参加して」
輪読第2条

第388回モーニングセミナー 2013年3月7日(木)

25-3-7
講  師:宇都宮西倫理法人会 事務長 小太刀庸恭 氏
     こだち行政書士事務所 所長
テーマ:「本を知る」
輪読第1条

第387 回モーニングセミナー 2013年2月28日(木)

20130228
講  師:宇都宮市倫理法人会 専任幹事 関口 操 氏   
     (有)宇東関口酒店 代表取締役
テーマ:「もっと素直に」
輪読第17条

第386回モーニングセミナー 2013年2月21日(木)

20130221a
講  師:薬剤師・ケアマネジャー 黒川 雄三 氏
     (有)山川薬局代表
テーマ:「出て困る出なくて悩むからだのシグナル」愉しい健康ライフのお供に
輪読第16条

第384回モーニングセミナー 2013年2月7日(木) 

20130207 

講  師:社団法人倫理研究所 特別研究員 宇都 進一郎 氏
テーマ:「本物の経営」
輪読第14条

 

 

第378回モーニングセミナー 2012年12月20日(木)

1220
講  師:宇都宮市北倫理法人会幹事 神田 真理亜 氏
     MARIA KANDA WORKS.∞ 
     Jazz/R&B シンガー・英語/ヴォーカル 講師・通訳
テーマ:「国境を越えた・愛の歌♪」わたしが歌い続ける理由は、
     
アメリカで出逢った愛から
輪読第9条

第377回モーニングセミナー 2012年12月13日(木)

1213
講話者:(社)倫理研究所 法人局 法人スーパーバイザー 平野 健二 氏
       (有)ペイントワン 代表取締役   
テーマ:「 一歩踏み出す! 」 
輪読第8条

第375回モーニングセミナー報告 2012年11月29日(木)

1129
講話者:(社)倫理研究所 法人局 法人スーパーバイザー 山田 憲市
    静岡県沼津市 
且R田自動車 代表取締役
テーマ:「 純粋倫理のすごさ 」
輪読第6条

第374回モーニングセミナー報告 2012年11月22日(木)

1122

講話者:鹿沼市倫理法人会 会員拡大委員長 小太刀昌子 氏

輪読第5条

第372回モーニングセミナー 2012年11月8日(木)

1181
講話者:鞄本ヒューマン経営研究社取締役副社長 木村省一 氏
       (元栃木県倫理法人会 初代幹事長)
テーマ:大塚徹の「 生き方」
     (CRT栃木放送でおなじみ  経営 商売 生き方 研究家・講演家)
輪読第3条

第366回モーニングセミナー報告 2012年9月27日(木)

9-27
講話者:栃木県倫理法人会 会長 福田 康夫 氏
輪読第14条

第364回モーニングセミナー報告 2012年9月13日(木)

9-13
講話者:(社)倫理研究所 法人局 法人スーパーバイザー 藤本 定明 氏
     (株)ゲンキの平和堂 取締役 BOSS
テーマ:「白いカラスと隣の女房」
輪読第12条

第363回モーニングセミナー報告 2012年9月7日(木)

24-9-7
講話者:元宇都宮市市議会議長 向学館 館長 塚田 昌弘 氏
テーマ:「ビック・コジマにみる企業の選択肢」
輪読第11条
※14社14名が参加されました。
(講話内容)
企業のの上は人です。人を取れば企業は止まってしまい、潰れてしまいます。中々仕事がない、人が余っているとどうしても人を粗末にしがちな経営者が多いです。こういう時代だからこそ社員を大切にする事が必要です。
コジマの前社長とは高校の同級生で親しくしております。社員研修の講師として呼ばれたり、全店朝礼の放送でも話しをしました。資質の向上にお役にたてたかと思います。
他力本願とは、子供を産み、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と上げていきます。みんなよそ様が育ててくれたという事に感謝をしないといけません。
自分の会社の為に働いてくれる社員は、給料は払いますが、社員を雇うという事は他力が働いています。これはありがたいことだと思います。
母親が自分のせがれの孫が欲しいと思っても、他人様が育てた娘さんのお腹を借りないと出来ないです。その娘さんを育ててくれたご両親に感謝をしないといけません。
コジマは1,000億円の売り上げ目標を達成すると、2,000億、3,000億とどんどん上がっていきました。ヤマダ電機もチラシ広告の作り方、商品の並べ方などを習っていました。
合併の話も色々ありましたが、純血資金を貫き、合併をしませんでした。茨城の加藤電気は東北に強いよつば電気、ヤマダ電機も都内に強い電気店と合併し、売り上げが伸びました。消費者は売り上げが伸びている会社がいいのではと判断しますから、ヤマダ電機の売り上げが伸びていきました。外国人の投資家も多いです。
コジマ、ビックの合併はせがれは反対しましたが、他の取締役は賛成しました。コジマの兄さん娘の旦那は他人ですので、そういう人達は賛成しました。他人の血を入れないと会社は伸びないです。企業というのはある程度伸びたら、パブリックの物と考え、利益が伸びたら、株主、社員に還元しましょうと考えていかないといけません。

第360回モーニングセミナー 2012年8月9日(木)

24-8-9
講話者:(有)風間総合サービス 代表取締役 風間 教司 氏
輪読第8条
※22社23名が参加されました。
(講話内容)
風間総合サービスという会社を経営しております。その中で、カフェ饗茶庵、日光珈琲饗茶庵、珈琲豆の焙煎、卸、お店のプロデュースをしております。お店を経営しまして13年目でまだまだ勉強の日々です。
先々週に今宮神社の参道に「朱雀」というお店をオープンしました。かき氷をメインにしております。
お店づくりでは、自分達で出来ることは自分達でやりましょうという事で、ベースの部分は業者さんに頼みますが、漆喰を塗ってみたり、床を塗ってみたりとか、研修の一環でやってます。業者さんに頼めばすぐできますが、素人がやるのですごく時間がかかります。お店としては早く利益を出したく思いますが、このお店づくりが重要に思います。
「日光珈琲」はお店を始めるまでに3年間掛かりました。その間、地元の方とも仲良くさせて頂き、お店にも興味を持って頂き、オープン1日目は地元のお客さんが並んで待って頂けるようになりました。また、地元の祭りがある時には、「この時はジュースだけでもあげておいた方がいいからね。」とアドバイスも頂いたりしまして、年間計画も出来てます。
日光天然氷は日光珈琲オープン前からのお付き合いで、日光の霧降へ行きまして、氷作りを携わらさせて頂いております。氷室に入っての作業は3日間連続で行い、重労働ですが、時間を掛けていい物を作るという事で、スタッフと一緒になって毎年続けております。
ネコヤド大市は人を多く集めるということより、若い人がお店を出すにあたり、とりあえずイベントでお店を出し、お客さんに評価をしてもらい、チャレンジの段階を作ってみようというのがネコヤド大市です。
「朱雀」はコミュニティーカフェとして、地域の方が集まれるような、また外からの方もどんどん入ってくるようなカフェにしようと思います。まちづくり勉強会や、何かのイベントを作る為に集まってみたりとかそういう場所の提供を考えております。

第358回モーニングセミナー報告 2012年7月26日(木)

24-7-26
7-26-17-26-2
講話者:川上建設(株) 代表取締役 川上 貢一 氏
テーマ:「栃木県建設業界 鹿沼支部について」
輪読第6条
※20社20名が参加されました。
(講話内容)
鹿沼支部会員は25社です。県内には10支部あり、350社です。皆さんと切磋琢磨し、一緒に活動しております。鹿沼支部のミッションは、鹿沼市民の安心、安全の確保としております。鹿沼市も広いので、何か災害等起きた場合には、現場近くの会社が向かうような体制をとっております。
会社の方は、土木工事の方で1級土木施工管理技士35名、2級土木施工管理技士25名、建築で、1級建築士3名がおります。民間の仕事の主力は東武鉄道さんです。東電さんとも付き合いがあります。小山支社に道路清掃の為に沢山の人数がおります。
マズローのピラミッド型の欲求説では、頂点が自己実現です。会社の目的、自己実現が一致する事が重要と思います。自己管理目標を書いて頂き、出来ない所は反省してもらうようにしています。
社長は経営のプロとして、現場の責任者もプロとしていい仕事を続けるためには、腕を磨くという事が重要です。教育訓練としまして、他の方と交わって知性を高めてもらいます。全国ネットワークの勉強会を行っております。観光も楽しみながら、年に12、3回お金は掛かりますがやっております。従業員と楽しく仕事が出来ればいいと思います。
資格試験に合格した社員には、豪華なお祝い会を開いたりしております。飲みニケーションとしまして、ひとりに対し、年間5千円は出しております。最低年2回は行うようにしております。
毎月の給料袋の中へ、「皆様へ」という事で手紙を書いております。良い会社があれば真似する様にしております。今日もなるほどなと思った話がありましたので社に戻って話したいと思います。

第356回モーニングセミナー報告 2012年7月12日(木)

24-7-12
講話者:(社)倫理研究所 理事 法人局 普及事業部 部長 内田文朗 氏
テーマ:「実践力を磨く」
輪読第4条

第352回モーニングセミナー報告 2012年6月14日(木)

24-6-14 
講話者:宇都宮西倫理法人会 幹事 水野谷勇揮 氏
輪読第17条
※25社25名が参加されました。
(講話内容)
宇都宮西倫理法人会でモーニングセミナー委員長をやっております。仕事はソニー生命保険で営業をやっております。
福島県出身で看板屋の長男として生まれました。勇気を持って力を発揮する様にと、勇揮と命名されました。
大学卒業後、東京の会社へ就職しました。ベンチャー企業で、創業8年で東証1部に上場しました会社で、どういう会社なのか興味があり入社しました。
その後、高根沢の看板屋に就職し、実家へ戻ろうと思っていましたところ、保険屋さんの仕事を誘われ始めました。
倫理に入会する前は、仕事と家庭でつらい思いをしました。保険の仕事は簡単ではなく、手取り3万の時もありました。銀行のATMの近くの椅子に座り、自分はこんなはずではなっかったと数分間座り、考え込んでしまった時もありました。毎日おにぎりで過ごした時もありました。友人、親戚からお金を預けて頂いている事を考えると逃げるのはいけないと思い、期限を決め、精一杯頑張り、それでだめだったら辞めようと思いました。
看板屋のご縁から炭田さんに出会い、倫理に出会いました。西のメンバーは少ない人数ながらも、大きな声で朝礼をし、しっかりとしてましたので、この会に入りたいなと思いました。
倫理に入ってからは、家では茶碗を洗ったり、言われた事は「ハイッ」と言うようにしています。倫理の実践で夫婦関係も良くなっています。
年間3万人の自殺者、2分間に1組が離婚をしている中、お客様の所で、結納をして、同居をしたばかりの方が、別れようと思っていると言われました。一緒に住むと、色々と見えるものがあるのでしょうが、倫理の学び、体験を話しました処、結婚の段取りをしているという話を聞き、お役に立てたなと思います。
倫理の知識はやってない方からすると、すごい体験なんだと思います。倫理を伝えるお役目は大きいと思います。

第351回モーニングセミナー報告 2012年6月7日(木)

24−6−7
講話者:(社)倫理研究所 法人局 法人アドバイザー 松本 忠 氏     
テーマ :「トップの自覚〜順序と秩序〜」
輪読第16条
※20社20名が参加されました
(講話内容)
倫理を学んで30年になります。家庭倫理の会では女性はトップになれなく、女性会員が多いのですが、必ず男性がトップリーダーとして方向性を決めて、その方向性に必ずついて行くという事を教わりました。
今の政治を見ていると、トップが言った事について行かなく、すっきりした形になっていないように思います。
大自然の力はその人を良くしようとして働いています。朝目が覚めたらすぐ起きる、栞の第1条にもありますが、気付いたらすぐすると、脳が上手く働きます。
物事は全て対立の中で成り立っています。上下、前後、相対するものがあって、物事が上手く成り立ちます。男性、女性が上手く合一する事によって子供が産まれる。対立した物が上手く合一する事が非常に大事です。

第348回モーニングセミナー報告 2012年5月17日(木)

24-5-17
講話者:(社)倫理研究所 法人局 法人スーパーバイザー 荒井 久満 氏
      (株)まるやま 代表取締役
テーマ:「良い結果は準備次第」
輪読第14条
※31社31名が参加されました。
(講話内容)
千葉県で漬物を作っております。その分野で1番になればいいという事でやっています。
倫理に対しましては、最初の頃は不真面目でした。会長を受けました時に人集めに苦労しました。色んな考えが起こり、倫理とはどういう事かと整理しました。
倫理は「自分が動く」、「真似る」正しい事は真似ればいい。「実験」人と人との人間関係の実験が出来ればいい。「良い結果は準備次第」物事が上手く行かない事は多い。心の準備が大切です。目標はこうだということで、書いてもやらないです。「人は変えられない」、「自分も変えられない」自分が動く事で変えればいいです。
人はやってくれるという考えが間違いです。会費を払って頂ける、役員をやって頂けるだけでありがたい。自分がどう接するかで人は動いてくれます。
女房には外で何をやっているかはお見通しだと言われました。どういう人が来るか、どんなハガキが来るかで分かると言われました。50代の倫理に入った頃は、和やかな人が来る様になりました。
週に1回のモーニングセミナーで自分にリセットをかけ、その後は会社で倫理の実践をやればいいです。栞86頁の「気付いたらすぐする」ことが物事をしとげる秘訣である。又大切なことは、十分に調査研究し、準備を完全にして、時がきたと思えば、一気かせいにやってやりぬく。おして押し通す。
しかし一度には出来ない事が多い。第一回にうまく行かねば、第二回、又第三回と、何度も何度もくりかえし、うまずたゆまずくりかえす。点滴石をうがつ、堅い上に棒杭を打ちこむようなもので、何度か打っている間にぎっしりと入って、もうこんりんざい動かなくなる。」
30歳代の青年会議所に入っていた頃は、人にやらせてばかりで、何をやっても上手くいきませんでした。十分に研究調査が抜けていたからです。青年会議所でサイクリング大会を企画しました時に、試しに流山からスタートし、江戸川を下って東京ディズニーランドまで行こうと動きました。5分走っても、景色が変わらないことに気付きました。変わらないのは疲れるなと思いました。帰りは違うルートを選び、実に楽しかったです。目標を決めて真っすぐに行くことは難しいと思いました。自分で工程を分解して、決めて行くのがいいなと思いました。

第347回モーニングセミナー報告 2012年5月10日(木)

24−5−10
講話者:宇都宮南準倫理法人会 専任幹事 菅原 英剛 氏     
テーマ :「とらわれない」
輪読第13条
※92社96名が参加されました
(講話内容)

第346回モーニングセミナー報告 2012年4月26日(木)

24−4−26
講話者:小林接骨院 小林栄稔 氏     
テーマ :「ストレスと腰痛」
輪読第12条
※16社16名が参加されました
(講話内容)
腰痛で接骨院などにかかった方もいらっしゃるかと思いますが、今日話すことは世界で腰痛のガイドラインが出来ておりまして、
それに沿ってお話します。これらのガイドラインは、イエローフラッグとして「心理・社会的要因」、レッドフラッグとして「悪性腫瘍、感染症、骨折などの外傷」をあげています。
腰痛はストレス性が多いです。人間の心、ストレスが痛みを沢山作ってしまいます。

第345回モーニングセミナー報告 2012年4月19日(木)

24−4−19
講話者:宇都宮南準倫理法人会 会友 殿塚 朝美 氏     
     後継者サポートオフィス 代表 
テーマ :「使命を持って生きること」
輪読第11条
※22社24名が参加されました
(講話内容)

栃木市出身です。父が会社を営んでおります。3姉妹の3女です。大学は東京農業大学で、環境について学びました。ディズニーシーでアルバイトをしてました。従業員教育が有名で、徹底したマニュアルがあります。考え方が全てに前向きで、発想の転換を学びました。
卒業後トヨタ東京カローラで営業の仕事に就きました。新人扱いされるのが嫌なので、がむしゃらに働きました。当時女性営業が監禁される事件があり、女性は飛び込み営業が出来ず、成績が伸びませんでた。父に相談しました処、頑張っているのを評価するほど営業は甘くないと言われ、慰めてもらおうと思っていた自分の考えが見透かされた様で、悔しくて寂しかったです。
一人前にやっていくなら、新人とか女性とか関係なく、結果を出すしかないと思いました。その後、転職を3回しましたが、その事を意識し続けました。
父が2008年に心臓にペースメーカを入れる手術で東京女子医大に入院しました。ほぼ毎日お見舞いに行き、色々な話をしました。どうしても口に出せなかった事が、栃木に戻ろうかという事でした。会社の後継者問題で、上の2人が早々と結婚してしまったので、私も悩んでいました。小さな頃から父の働いている姿を見てきましたので、潰したくないと思っておりました。
何とかならないかということで、事業承継の勉強を始めました。最終的には父からお父さんの会社は忘れろという事で結局空回りでした。
自分の中で全てが壊れて、1ヶ月動けなくなり人生初の入院をしました。苦しいと思っていましたが、その中でも生きて行かなくてはいけないと考えた時に今の私に何が出来ると考えた時に「使命」という言葉が出てきました。
事業承継を使わないで死ぬことは出来ないと思い、自分と同じような悩みを持っている人がいるはずだと思い、仕事を始めました。自分がひとりで頑張っている姿を家族に見てもらい、もう一度事業承継を考えてもらいたいと思いました。実は最近になりまして、父と新規事業戦略を行う事が決まりました。
倫理に入会をしまして、栞で学ぶ事よりも、日々接している、宇都宮南準倫理法人会の皆さんと接することに学びが多いです。勇気を頂いたりしております。
先日の南三陸のボランティアで感じました事が、何気なく生きている1日は、生きたくても生きられなかった人たちの1日なんだなと思いますと、甘えたことは言ってられないと思いました。使命感を意識して生きることが重要だと思います。

第344回モーニングセミナー報告 2012年4月12日(木)

24−4−12
講話者:(社)倫理研究所 法人局 法人スーパーバイザー 小口博正 氏     
     (株)カネジョー 代表取締役 
テーマ :「倫理実践は決心」
輪読第10条
※19社19名が参加されました
(講話内容)
今井寅吉先生のお話は皆さん聞いた事があるかと思いますが、東京文京区で印刷会社を営んでおります。とても謙虚な方です。
会社の朝礼にご一緒させて頂き、その後ご自宅で朝食を頂き、お話の中で、家庭倫理の会で夫婦の挨拶をしなさいと言われたそうです。今井さんは軍人さんでしたが、根負けして、朝食の準備をしている奥さんへあいさつをしたそうです。奥さんはうれしさのあまり泣いたそうです。
毎朝日課の道路清掃で、パンフレットの印刷の依頼で安くて、質の良い印刷が出来る所を探していると声を掛けられ、それなら当社にお任せ下さいと言ったそうです。それが紅屋印刷とパナソニックの出会いだそうです。純粋倫理の教えがあったからこそ素直に「ハイッ」と言えたそうです。
松下幸之助さんから週休2日を勧められ、印刷会社には無理との返事をしましたら、社長を派遣するから大丈夫と言われ、社内改革までして頂き、会社繁栄の基となったそうです。

私の会社で、お客様へ感謝の手紙を出そうというキャンペーンを行っております。1ヶ月3,000通を目標にしています。中々目標に達しないので、パートさん達へ手紙を書く事についてのアンケートをとり、また、ひとりで200枚書いている方へどのように書いているかを訊ねるなどして、2月は3,300枚達成出来ました。これはささやかな実践の一つです。

第343回 モーニングセミナー報告 2012年4月5日(木)

24−4−5
講話者:(一社)鹿沼青年会議所 直前理事長 荻村 誠 氏     
      コモンリード(株) 専務取締役 
テーマ :「やっぱり私、日本人です!」
輪読第9条
※20社20名が参加されました
(講話内容)
すばらしい機会を頂戴しましてありがとうございます。
会社は茂呂で、コモンリード鰍ニいう、機械部品の製作をしております。
27歳まで東京の会社に勤めており、30歳で青年会議所に入会しました。
好きな言葉は、「楽しく苦労しよう」「仁義礼智信」。
朝のこの時間に起きて車で移動するのは、新鮮な気持がしました。
青年会議所は、20歳から40歳までの年齢の方が属する組織。明るい豊かなまちづくりを謳い、それに伴うひとづくりということで活動しております。倫理法人会さんは、「単会」と呼ばれますが、青年会議所は「LOM」と呼び、栃木県内に11のLOMがあります。日本で38,000名、世界では20万をきった会員数です。
3信条が奉仕・修練・友情となっております。社会の奉仕、個人の修練、世界との友情です。
2011年度に理事長をやらせて頂きましたが、3月11日の東日本大震災では、震災後2日後に、お米100s、水等を被災地へ届けました。
人は被災地に入らないで下さいという事で、物資を送りました。支援物資を集めたり、義援金を集める活動を継続的に行いました。
被災地では、瓦礫処理ということで向かいました。学校の体育館へ行き、津波で流されたものが集まっており、洗浄をする作業を行いました。あまり感情を入れないで作業してくださいと言われました。
青年会議所は単年度制でして、役職が1年間で変わります。その立場立場で経験をしましょうという事で変わります。
まちづくり委員長をやらさせて頂いた時は、一昨年の9月に土のう作りを行い、2,000個を消防署へ寄贈いたしました。
専務理事という役職もさせて頂きました。理事長のお世話だったり会の運営を事務的に扱いました。私は暴れん坊将軍が大好きで、間違った事が嫌いでして、会はこうあるべきだという事で、結構強く言ったりしてパワープレーが入ってしまい浮いてしまった時がありました。そのおかげで、浮いて初めて気付かされたこともありました。
理事長の時のスローガンは「自らを磨き背中で語ろう」といいう事で、自分が変われば周りが変化に気づいてくれるのかなと思いました。
会社の方では専務ですが、社長になって行くにあたっての様々な勉強をさせて頂きました。

第343回モーニングセミナー報告 2012年3月29日(木)

3-29
講話者:宇都宮西倫理法人会 幹事 大塚久美子 氏
     日本和装宇都宮学院 学院長
テーマ:「神道における“お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん”の役割」
輪読第8条

第340回モーニングセミナー報告 2012年3月8日(木)

3-8
講話者:(社)倫理研究所 法人局 参事法人アドバイザー 齋藤 隆己 氏
テーマ:「倫理経営」が日本を救う(よくわかる倫理経営)
輪読第5条
(講話内容)
倫理経営が日本を救うには、経営者の確かな倫理観が必要です。
朝起きを続けるだけだと頑固になる人もいます。頑固と素直は紙一重です。「朗らかに安らかにに喜んで進んで」これが加わると朝起きが生きてきます。
これを忘れられたら困ります。確実に実践すると経営者の倫理観が高まります。そして倫理経営が実践できます。
紅屋印刷の今井寅吉さんは家庭円満、身体の健康、事業繁栄を成し遂げた方です。
29年初めて倫理指導を受け、妻の不満を言いました。言う事に口ごたえをすることを何とか直す方法はないかと。
当時はワンマンでした。研究員は奥さんに挨拶してますかと聞きましたら、冗談じゃない、女に向かってそんな事する男はいないと言いました。馬鹿者良く考えなさい。炊事、洗濯、会社の事務・・・あなたの苦労の何十倍もしていると言いました。理屈は分かるが断じて挨拶出来ないとの事でしたが、根負けして挨拶する事を約束しました。
妻の後ろ姿に向かって清水の舞台から飛び降りる覚悟でおはようございますと言いました。しばらくの沈黙後振り返った妻は泣いていました。その瞬間今井の胸にも熱いものがこみ上がってきました。涙を拭って、日課の店の前の道路清掃をしていました。
これできますかと差し出されたのが、松下電気のカタログ印刷の仕事でした。松下電気の出会いが会社を飛躍的に発展させました。奥さんにおはようございますと言いなさいという事があったので、現在の紅屋があるのです。晩年には皆さんに言っていたそうです。
41歳に胃がんになり手術を受け3年の命と言われましたが、88歳まで生きました。37年に業績向上、ビルの新築、47,48年貸倒金が発生し、真剣に倫理指導を受けました。事業が良くなるためには世のため、人のために仕事をやりなさい言われ、倫理を学んで19年目で倫理経営をスタートしました。55年に国税局長賞。納税目標1日納税額100万を実践実行。60年納税額1日300万の目標設定。3年後1日の納税額300万突破。社長70歳の時に代表権を後継者に譲る。
今井さんは金は後からついてきた。正しく生きた人にには必要な物をあたえてくれる。大自然を味方につけた経営が倫理経営です。皆さんは1週間に1回学んで実践するだけです。
70歳で引退して、無償で相談役、倫理の相談役をしました。松下産業の社長も会社はお客さんの物だとおっしゃっていたそうです。掃除を徹底し、油を使う輪転機をピカピカに磨いたそうです。生涯手抜きがありません。倫理実践の体験には例外はありません誰がやっても倫理実践の答えは同じです。倫理の実践は1流大学の経済学部以上の学びがあります。
朝起きをする。不幸は朝寝坊から始まる。わがままは朝寝から始まります。目が覚めたらさっと置きましょう。
気づくとすぐする。気づいたときが絶好のチャンスです。そのコツは気がついたときに喜んでサッとすることです。
夫婦愛和の生活。女性は全てを生み出す力を持っている。和やかな家庭を築くのも女性特有。立派な仕事を生み出すのも女性だそうです。
夫婦が正しい生活の在り方を学び仲良く喜んで働くこと。
税金は喜んで払う人の事業は発展する。これは今井さんがやってみせました。

第336回モーニングセミナ報告 2012年2月9日(木)

2-9
講話者:栃木県倫理法人会 モーニングセミナー委員長 佐川 浩一 氏      
     (株)佐川商店 代表取締役
テーマ:「倫理と私」  
輪読第1条

(講話内容)
昭和36年1月19日生まれ51歳でございます。黒磯駅のすぐそばで轄イ川商店という建設資材、鋼材、足場の事業を3本柱として事業を行っております。来年の2月で創業100年です。黒磯小、黒磯中、大田原高校を卒業し、東京の大学へ4年間通っておりました。私自身は父の会社を継ぐ予定でしたので、22歳の時に横浜の建材メーカーで3年程営業をしてました。25歳の時に黒磯の方で蛇尾川ダムという大きなダムを作るという話があり、会社へ戻ってきなさいという事で戻りました。よく父親が急病になり、戻らなくてはいけなくなったという話も聞きますが、両親も元気ですので、特にやることもありませんでした。会社の社員の人の前では自分はできる人間なんだという事を見せつける為にも一生懸命仕事をしました。売り上げも上げました。それは私の実力だったのかた思うと思い返します。その頃はバブル真っ盛りでしたので、自分の力もゼロではないかと思いますが、バブルに乗っていとも思います。自分は10何億を稼いでいる会社だという事で、いい気になっておりました。
JCにも入りました。例会は19時から21時までで、その後2次会で22時、23時までと真剣に議論したりします。例会場が私の自宅の近くでしたので、飲んで帰ったりしますと午前2時、3時になり、当然会社が始まる時間には来られないのですが、売り上げも上がっているし、私は会社のあ跡取りからかまないやとという事でおりました。そんな事がいつまでも続くわけでもなく、平成3、4年頃バブルがはじけました。自分の周りにはバブルがはじけたという雰囲気はなく、当然建設中のビル建設が止まるわけでもなく、少しずつ売り上げが下がる程度で、この会社は大丈夫なんだと思っておりました。ただ10年経ち、私の様なボンクラでも分かってきました。平成14年の売り上げが5億800万でした。一番最悪な時です。私が戻ってからついてきてくれた社員さんが17名から3名になりました。社員の募集はしてますので、10何人はいましたが、定年で辞めた方もいますし、私に愛想つかして去っていったり、新たに採っても私に愛想つかして辞めていった社員さんもいました。
そんな時に子供が幼稚園で父母の会の会長をしており、ひょんな事で睦先生と知り合う事ができました。色んな話をしている時に早起きは大丈夫ですかという事を言われ大丈夫ですよと言いました。消防もやっていたので、朝練もあり、最初の頃は練習の後は寝たりしてしまいましたが、せっかく早く起きたのだから寝ないで早く会社へいくように心がけてましたので、早起きは大丈夫ですよと言いました。
宇都宮東日本ホテルに朝6時に来てくださいと言われ、何かいいことあるのかなと思い宇都宮東日本ホテルに行きました。それが倫理との出会いでした。
4時半位に家を出たら1時間位で付き、待っていたら面白い光景を見ました。私と同じ位の年齢の松葉杖を付いた方に美しい女性が寄り添って付いていました。朝早くから面白い光景だなと思い見てました。
6時になりMSに初めて参加した時に、夢限りなく斉唱を聞き、最初聞くと、みなさん変な団体だなと思うかもしれませんが、私はJCに入ってましたので、特に違和感もありませんでした。17ヵ条斉唱でいい事が書いてあるなと思いました。そのあと第5条を読み、私の人生観が変わりました。ガツンと頭を殴られる気持がありました。
今は改めすぎたので、妻がでしゃばりすぎている感じで、自分が優柔不断になり、どこにいっても馬鹿にされている様な家庭になりました。
会長挨拶で出てきた方が松葉杖の方で当時の宇都宮北倫理法人会会長の方でした。奥さんに支えられながら会場に来るなんて何て和やかな会なんだと思いました。
そんな事で倫理に入会しました。睦先生から那須野ヶ原倫理法人会を作ると聞き、起ちあがると同時に入会しました。
ずっとMS委員長を務めたりもしておりました。倫理に入って何が変わったかとというと、会社で実践しようとしたのが、掃除、挨拶朝礼の3つをやっていこうと思いました。挨拶は社長からするもんじゃないと思っており、社員からするもんだくらい思っておりましたが、倫理は先手の挨拶という事で家庭でも実践しました。
朝4時、5時にいつも起きてまして、会社へ行き、社員さんが出てきたら家へ戻り朝ごはんを食べるという事を今でもやっております。お掃除も芳賀の鈴木たけおさんがお掃除の話をしてました。雪が降ってきたときに向こう3軒両隣雪かきをしたという話とお掃除の話でした。両隣位はお掃除をしようと思いました。そういう事をやっていると周りの皆さんの評判も良くなるので、これは良い事だなと思っております。
朝礼はやりましたが、ただやっているという朝礼でした。朝礼フェスティバルにでたらどうですかと言われ昨年出ました。選抜チームを作り徹底的にやりました。那須野ヶ原倫理法人会の朝礼を輸入し、ブラッシュアップしました。何とか入賞させていただきました。今まで会社では交通事故が多かったですが、朝礼の中に安全運転宣言を採りいれておりまして、1年間事故無しでございます。
栞35頁の「機会は前頭だけに毛髪があり、後ろ頭ははげている。もしこれに出あったら前髪を捕えよ。一度にがしたら、神様でもこれを捕えることは出来ぬ。」の言葉が好きで、倫理に入ってすぐのころ同業者が倒産しまして、なんとかそのエアポケットに入り込みたいなと思い、その社長を探し会社に入って下さいと頭を下げ、お願いしまして会社に入っていただき、仕事の何割かをもらう事ができました。35頁の出会いも良かったかなと思いました。
建設会社さんをやっている方なら分かるかと思いますが、90%が掛け売りですが、引っ掛かりは10万円もいってないかなと思います。栞の81頁の言葉で、お金が遅れると電話をするようにしております。今のところ大きな引っ掛かりはありません。
支払いもは手形でなく、キャッシュで振り込むようにしてます。そうすると仕入れ値が下がってきます。ライバル会社と比べて仕入れた時点で安ければ競争し易いと思います。これらの点が倫理に入って良かった事です。

第335回モーニングセミナー報告 2012年2月2日(木)

2−2
講話者:宇都宮中央倫理法人会 相談役 矢古宇 栄次 氏
     (有)矢古宇建設 代表取締役  
テーマ:「今すぐ出来る弱者の戦略!」     
輪読第17条
※17社17名が参加されました。

第334回モーニングセミナー報告 2012年1月26日(木)

1-26-2
講話者:佐野市倫理法人会 会長 土澤 進一 氏
     土澤設計 代表
テーマ:「苦難を苦難と思ったことがない」    
輪読第16条
※21社22名が参加されました。

第333回モーニングセミナー報告 2012年1月19日(木)

1-19
1-19-4
講話者:(社)倫理研究所法人スーパーバイザー 中村 恒一 氏
     (株)マルナカ中村商店 代表取締役
テーマ:「倫理は宝の山」     
輪読第15条
※21社21名が参加されました。

第332回モーニングセミナー報告 2012年1月12日(木)

24-1-12
講話者:(社)倫理研究所 法人レクチャラー 原 貞夫 氏
      旭自動車(株) 代表取締役
テーマ:「ハイッの実践から奇跡体験」
輪読第14条
※20社20名が参加されました。
(講話内容)
今日は今年一番の寒さで、こういう時にMSに参加する事はすばらしい事だと思います。
下野市倫理法人会の初代会長で、現在は相談役です。会社は自治医大近くの旧4号線沿いにあります。
倫理歴は永く、役も永いです。奇蹟という言葉は栞の87、88頁にあります。「会有の間では、奇蹟でなく、もう常識となっている。」
最近の奇蹟体験は、平成22年の自動車整備振興会のゴルフコンペで、同じ組の3人が、同じ干支のの申年で、守り本尊が大日如来だということで、鑁阿寺へ行ったらどうかということで、昨年の1月2日に鑁阿寺へ行き、お札を買って2時過ぎに会社へ行きましたところ、1人の男性が立っており、工場が絶縁不良で取り替えないといけないと言われ、東電に来ていただき、時間のかかる作業ですが、4日で終わりました。会社を休むことなく、誰にも迷惑をかけなかったので有り難かったです。
その後、東電の太陽光発電を付けました。総工費で3千万でしたが、保険の解約金、国の補助金でチャラになりました。使わない時は売電もでき、設置後は年間で130万の節約が出来ました。
原子力が動いてなくてもやっていけるのは、水力、風力の自然エネルギーでまかなうことが出来ているので、国等も動いてほしいです。
また、塗装の工事のブースで、作業していた方が、骨組みのない6メートルの所から落ちてしまったとき、すぐに車に乗せ、自治医大へ向かいましたところ、かすり傷程度で済みました。
当社は、ディーラの三菱、日野、いすず、UDなどの取引が強く、ディーラーからの事故をした車の修理があり、ディーラーに納め、その後車検を通りましたが、ブレーキのドラムに傷があり、信号の50メートル前でブレーキをかけたところ、車が燃えてしまった事故がありました。最終責任はどこにあるかということで、私のところで責任をとることにしました。その車を綺麗に直しますが、ディーラーが、ディラーの保険を使っていいと言われ、使わせて頂きました。もし責任をディーラーのせいにしていたら、太いパイプが損なわれます。
一番の危機が、ディーラが当社の仕事をやるという事で工場を建てました。車の運搬など効率が良くないため、閉鎖しました。とても旭さんの金額では合わないとのことでした。

第331回モーニングセミナー報告 2012年1月5日(木)

24-1-5
講 師:(社)上都賀法人会 会長 上原 昭郎 氏
     (株)キョウリツ 代表取締役
テーマ:「上都賀法人会について」
輪読第13条
※13社14名が参加されました。
(講話内容)
上都賀法人会会長成り立てでございます。税金の事を色々と勉強しております。
法人会は、税金の大切さを勉強し合い、納税意識を高めてもらいます。
交流を通じて自己研鑽をし、健全な企業経営をし、地域貢献をします。
昭和39年に葛飾法人会が誕生して以来、41都道県に442の会を擁する団体で、税におけるオピニオンリーダーを目指します。
平成20年12月の社団法人制度改革法で、上都賀法人会では、公益か一般かということで、公益化をとる方向で進んでおります。
昨年11月に公益認定の申請をし、12月に認可されました。今年の4月に登記の手続きを完了します。

第328回モーニングセミナー 2011年12月15日(木)

23-12-15
講話者:栃木県倫理法人会 事務局長 小林 雅治 氏
テーマ:「倫理に入って変わった事」
輪読第11条

イブニングセミナー 2011年12月9日(金)

講 師:(社)栃木県生産性本部 会長 
      栃木県経営品質協議会 会長 新井賢太郎 氏
テーマ:「人生の経営品質」
23-12-9

第327回モーニングセミナー報告 2011年12月8日(木)

23-12-8
講話者:(社)倫理研究所 名誉専任研究員 川又 久萬 氏
テーマ:「大我に生きる」
輪読第10条
※17社17名が参加されました。
(講話内容)
仲間作り、人数を増やす、規模を増やす目的でなく、戦後65年たった今でも、家庭、学校教育が厳しくなっている。これを何とか明るい日本にしたい。倫理運動を支えて頂いているのが経営者です。7、8割は皆様の浄財でなりたってます。学校の先生は、親、教育委員会の顔色を伺いながらおかしくなってます。国を支える大きな力の最後の砦が企業でございます。
何か目標がなくれば会社は成り立ちません。我々も100、200社増やしましょうとしているのは、バロメーターとしてあります。12月は拡大の節目ですがぜひよろしくお願いします。
何の目的で通っているのか?何の為に経営しているのか?社長以下全く自覚がないとおかしくなります。
栞の意味は道に迷わない為の道しるべです。倫友で会社がおかしくなっていくような企業は純粋倫理を学びながらもいいとこ取りしかしてないです。純粋倫理は実践によって終わる。理屈は線香花火の様な物です。

純粋倫理を実践する3つの心掛け
1.人生、経営において自分に問題がかかってくるのは自分が主役。人のせい、社会のせいにし てはいけない。
2.喜びを最高に味わえる働き方その働き方そのものを喜んで働く。人に喜びを与える働き。
3.自分の商売が天職だ(天職の違いは本当に楽しんでいる時がまさに天職)

第326回モーニングセミナー報告 2011年12月1日(木)

23-12-1
講話者:宇都宮南準倫理法人会 副会長 大澤 章利 氏
     (株)ネットコア 代表取締役 
テーマ:「活力朝礼が会社をつくる」
輪読第9条
※20社21名が参加されました。
(講話内容)
出流山の南側の星の遺跡のある所で生まれました。
高校生まで栃木市。空が好きで航空自衛隊に入れば飛行機に乗れると思い、試験を受けました。F-16、トップガンを想像しました。見事に試験に落ちました。虫歯があってもだめです。
首都圏一帯の防空をする、みね築山へ行きました。防空システムで、敵機かを判断する防空システムを運用してました。
昭和46年に父親が亡くなり、栃木に帰ってきました。コンピューター元号は違いましたが、栃木県計算センターに面接を受け、3月20日に除隊し、TKCにお世話になりました。25歳の少し前まで独身で、コンピュータのオペレーターをしてました。
飯塚会長に同行した、新幹線のグリーン車の話の中で、人生は1回だということで、最低10回は読みなさいという事で、直接「参禅入門」という本が送られてきました。
定期的に飯塚会長に会い、ご指導を受け、結婚式でも会長に挨拶を頂きました。飯塚会長の出会いが人生における最大の転機です。
平成7年12月末にTKCを退職しました。40歳末から退職を考えてました。平成8年3月18日(株)ネットコアを設立しました。TKC時代は、経営について学び、人間としては飯塚会長に、経営の学びは現会長に学びました。
25年間サラリーマンをやっていると限られた範囲内での付き合いでしたので、中小企業同友会に入会し、今年の4月から会長をやっております。
創業時はお金もお客も無いので、銀行へ行き、資金繰りで3年は大変な思いをしました。同友会の出会いで、経営計画書を作りました。(今期で第12版)社内に浸透させるのが大変でした。
活力朝礼をやっております。経営方針を浸透させるには活力朝礼しかないと思いました。けじめ、やる気、前向き、明るくなってきました。何年もやっていると企業の風土を良くします。

いい夫婦の日・イブニングセミナー 2011年11月23日(水)

講 師:(社)倫理研究所 法人アドバイザー 鹿島 節子 氏 
     (株)餃子の丸満 取締役会長
テーマ:「倫理−しあわせへの道」

23-11-23



 

第323回モーニングセミナー報告 2011年11月17日(木)

23-11-17
講話者:
(社)倫理研究所 法人局普及事業部次席
      関東・甲信越方面 方面長 森本 宏 氏    
テーマ:「実践力

輪読第7条
※20社21名が参加されました。
(講話内容)
食は大切だと思います。食べ物によって運命は変わります。
水野南北を調べなさいと言われました。江戸時代の人で小さい頃両親を亡くし、小さな頃から悪ガキで、18歳で牢獄に入れられました。
周りの人と比べると、人相が悪いと思っており、大阪で死相が出ていると言われ、寺に入れば助かると言われました。麦と大豆だけの食生活が出来れば大丈夫でしょうと言われ、その後死相が消えたそうです。
運命は食によって変わります。水野南北の本「南北相法」は1冊3万位します。
群馬の会長宮崎さんにお会いしました。群馬県では、今年自分はどういう実践をやるのかという事を書き、それを首にかけております。妻の肩を15分くらい揉むそうです。続けている内に、MSに出かける時、奥さんも起きてくれてお茶をいれ、玄関先で見送ってくれるようになったそうです。
商売が落ち込んでいる時に、奥さんの足を暖めようとほぐすようにしていたら、最初は嫌がってましたが、1ヶ月後には寝るときに奥さんの足が出ているそうです。そうこうしている内に商売も暖まりました。倫理を勉強していれば、つながっているという事は当たり前に分かります。倫理では実践しなくてはいけないのです。
自分自身の失敗談で、出会う人は自分を育ててくれる恩師であります。香川県を担当していた頃の会長が出席していた役員に怒鳴りっぱなしでした。1,000社の普及を目指してました。
会議後あまり強く言わない方がいいですよと言いました。そうしましたら、おまえに言われる筋合いはないと言われました。懇親パーティーでは犬食いなので、飯ぐらい綺麗に食べないといけないと言いましたら、うるさいと言われました。
3、4ヶ月後普及会議をするから高松空港まで飛んできて下さいと言われ、行きました。あるホテルで県幹事長、事務長に挨拶をしましたら、下を向いて挨拶してくれず、会長を見ましたら鬼の様な形相でした。その後私に3時間位クレームを言い続けました。
はじめの1時間は対立です。右足を引いて、いつ殴ってやろうかと思いました。2時間後は筋が通っているかなと思ってきました。そういえば親からも、かんしゃく持ちだと言われてました。学校の先生、倫理の先輩からも言われてきました。会長が言っていることは私に必要かもしれないと思いました。3時間後は私が成長をする為に縁を作ってくれたのだなと思うようになってきました。
対立から合一へ変わってきました。お互いに背を向けずに、嫌いな人でも受け入れないといけないと思いました。会長は辞表を持ってきておりました。3時間自分の話を聞いてくれたのが嬉しく、辞表を持ち帰ってくれました。
この会長を徹底的に好きになろうとしました。会長がいる近くに行きました時に、会いに行きました。うどんのお店3件をはしごし、大盛りを食べ続けました。
月に15日は会社へ会いに行きました。いつもうどんを食べました。息子さんは何歳ですかと聞いたら、私と同じ年でした。会長は私を育ててくれる為に言ってくれたのだと思いました。
1,000社達成し、その後目減りしなく、1,200位伸ばしてきました。

第323回モーニングセミナー報告 2011年11月10日(木)

23-11-10
講話者:
栃木県倫理法人会 青年委員長 山口 達也 氏
    (有)タヒボ・スマイル 代表取締役
テーマ:「第一感の大切さ
輪読第6条
※20社20名が参加されました。
(講話内容)
中村天風さんの言葉でいい言葉を使いましょうという事で、いい言葉を使っています。
所属が宇都宮北倫理法人会ですが、実家は鹿沼市の樅山です。会社の長男として生まれ、何となく、マイペースな子供だったように思います。
高校は宇短附で、大学は応用化学が優れているという事で群馬大学へ進学しました。中学、高校は遊びが好きで、両親が寝たのを見計らい、会社の寮で夜遊びしたりしておりました。大学で良い先生に出会いましたところ、変わりました。
金属加工の会社とコインランドリーをやっております。父からすると年なので、私がやれという事で、ヤオハン粟野店でコインランドリーを出店しております。
10月3日生まれで、40歳になり、人生半ばだなと思って振り返ってみました。出来ちゃった結婚は苦難でした。東京の会社へ就職が決まり、入社してすぐ結婚生活が始まりました。その会社は非常に忙しく、家に中々帰れなく、彼女とも距離が離れて行きました。ある日突然浮気をしていると言われ、寝る前に別れようと言われました。次の日別れたくないと言われましたが、娘もいましたが、別れた方がいいと言って、別居しました。娘に対しては申し訳ないと思い、半年位苦しかったです。その事を考え涙を流しました。
サラリーマンで、部長が怒られているのを見ていて、何か違和感を感じ、給料は良かったですが、タヒボに出会い、ガンの治療に使えるという事で、会社を辞めました。これは今でも良かったと思います。
お客様にも恵まれ、父から会社にしろと言われ、両親が出資してくれて、第一感で違うなと思いましたが、人を雇えという事で雇いましたが、これが大変で2年位で去って行きました。
父から言われる事は、ことごとくマイナスな事ばかりで、その中で、唯一コインランドリーはすごくいけると思っています。タヒボの仕事はすごくプレッシャーが掛かりますが、コインランドリーをお掃除で綺麗にしたり、お客様と話しをしたりする事が楽しいです。
再婚をしまして、息子が生まれました。昼間はフリーになれるようにして、幼少期になるべく一緒にいられる様にしております。一緒にいられる時間を増やし、大きくなったら、相談をしやすい間柄になれればと思います。

第322回モーニングセミナー報告 2011年10月27日(木)

23-10-27
講話者:(社)倫理研究所 法人スーパーバイザー 長嶋 徹 氏
      
アシスト・クルー(株) 相談役
テーマ:「隨縁(縁に従う)」
輪読第5条
※16社16名が参加されました。
(講話内容)
昔の日本は縁側があり、その中に部屋がありました。だから隣近所だったり、旅人が中に入らないで、縁側で話をしたそうです。
祖母が大磯でクリーニング業を開業しました。明治18年に初めて海水浴場を開いた所です。
父親が戦争から帰り、昭和24年に会社組織化。昭和30年代はオートバイを使って仕事をしてました。
会社が国道1号線沿いにあり、そこで事故を起こした東京の営業マンとのご縁でダスキンの全国展開に加盟しました。
子供の頃から大磯育ちで遊ぶといったら海で遊ぶことしかありませんでした。サーフィンを初めて見て、見よう見まねでボードを作りました。今でもやっております。

第321回モーニングセミナー報告 2011年10月20日(木)

23-10-20
講話者:栃木市倫理法人会 幹事 渡邊有紀子 氏
      ワタレイ(株)
テーマ:「今日もきっといいことがある」
輪読第4条

※17社17名が参加されました。

(講話内容)
40年前から1つの商売をしていました。私が長女、妹と二人姉妹で跡取りとして、茂原に住んでました。寺田さんの子だねと周りからは、ちやほやされてました。祖父も両親も小さい頃からフランス料理のフルコースを食べさせてくれたり、料亭へ連れて行ったりと、作法を教えていただき、どこへ行っても恥ずかしくないように育ててくれました。
全寮制の高校の出身で、宇都宮南準倫理法人会の高田会長が10下の卒業生です。実践女子大学に進学しまして、人が多い中では自分の思い通りにはならないのだなと思いました。
卒業後千葉銀行に入行しました。事業を引き継ぐ為に、金融を理解させていただきました。銀行を退社した後に、家業にお婿さんと一緒に入りました。3代夫婦が揃っており誰もがうらやむ幸せそうな家族でした。
会社を大きくしたいねと色々話しておりました。順風満帆に男の子も生まれました。子供が1歳の時に夫が屋根の修理で落下をし、亡くなってしまいました。小さな病院では手におえず、3つめの大学病院のCTスキャンで脳が正常な状態ではありませんでした。私は戻ってきてくださいと願うばかりでした。万一助かったとしても植物人間かもしれないと言われました。31時間後脳死の状態でありましたが、ドラマでもあるような心電図がピーッと一線になりました。
警察の人が保険に入ってますかと尋ねられ、保険金を貰うためにたくらんだのではないかと思われたときには私も息子と一緒に後についていこうとも思いました。
その後は一生懸命仕事をしました。辛く、寝るのも怖く、年商30億、10店舗へと事業拡大しました。その後、ガソリンスタンドを解体して、ココスさんへ土地を貸しました。事業転換は非常にエネルギーが必要でした。
青年会議所等、地域に根ざした活動をしました。青年会議所で今の夫に出会いました。そして栃木市へお嫁に行き、倫理に出会いました。毎日ゆきこさんおはようございます。よしかずさんおはようございますと挨拶しております。ハグハグして何かいいことありましたかと聞き合います。落ち込んでいる時、パワーを与え、与えられるようにしてます。栃木のナンバーワンベストカップルになれるよう頑張ります。この場に立たせて下さったことに感謝します。

鹿沼市秋祭りご巡幸 2011年10月9日(日)

23−10−9
鹿沼秋祭りにて、ご巡幸に参加 いたしました。晴天の中、気持ちよく参列することができました 。

第318回モーニングセミナー報告 2011年9月28日(木)

23-9-29
講話者:那須野ヶ原倫理法人会 幹事 梅宮 隆 氏
     (有)梅宮塗装店 代表取締役
輪読第1条

※20社20名が参加されました。
(講話内容)
塗装業を営んでおり、10人の職人がおります。子供はいなく、妻と愛犬2匹で住んでおります。鹿沼市でも木工団地、パチンコ屋、文化センターで仕事をやらせて頂きました。小さい頃は運動神経が良くなく、よくだまされました。
福島県の日本大学東北高等学校に通いました。小栗旬が主演した、
クローズZEROのモデルになったのではと言われております。3年の5月に卒業していいと言われ、人生初めての挫折で中退しました。
高校だけは出ようと思ってましたが、親も塗装業でしたので、
丁稚に行きました。早く独立しようと思いました。給料は7万で強制的に貯金をさせられ、月1万位のお小遣いしかありませんでした。そのおかげで車が買えたのは良かったと思います。
翌年同じ年で入った人がいましたが、その人の方が給料がいいので、中退を悔やみました。ペンキ屋は自分は汚れますが、綺麗になっていくのがうれしく思います。自分が納得の出来る仕事がやりたいと思います。指名で仕事が来るようにもなりました。
上司からは、みんなが遊んでいても遊ぶ気になるなと言われておりました。2年目からは大きな現場を任され、多くの職人を使うことが辛かったですが、仕事を終えると達成感がありました。景気の良い時は、ふぐ料理を月に2、3回食べたり、ボーナスも良かったです。
30歳からは営業をやり、体は楽ですが、精神的には辛かったです。バブル崩壊後は景気は良く無かったです。そんな時に青年会議所に入り、会費は自費で払いました。32歳で結婚し、携帯電話を持ち、新婚旅行に行きましたが、仕事の電話をしており、嫁はむくれてました。
独立して1年目の36歳の時に体調を崩し、肥大型心筋症になり、すぐに治るわけでなく、病気と仲良く付き合うという事で、月に1回通院しております。ある程度自由がきくと、弱いところが出てしまうのだなと痛感しました。
1億借金すれば1億貯まるという話があります。自分も行き詰まった時自殺しようと思いましたが、その話を聞いて良かったと思いました。
那須のクリスマス会の時に女装をしました。女装も塗装も倫理も同じかと思います。まっさらな気持ちでないと入り込めない。染めると、染みこみ、中々とれないです。倫理も染めただけでなく、永くやることによって染みこむと思います。
2ヶ月に1回寺子屋の感じで勉強会をやってます。山の修行があり、山を歩き座禅をして鍛錬してます。
高校は中退しましたが、色んな研修をして勉強をする事が好きになりました。

第317回モーニングセミナー報告 2011年9月22日(木)

23-9-22
講話者:栃木県倫理法人会 研修委員長 永井 宏樹 氏
     永井印刷(株)代表取締役   
テーマ:「今ある全てがあなたのおかげありがとう」
輪読第17条

第315回モーニングセミナー報告 2011年9月8日(木)

23-9-8
講話者:那須野ヶ原倫理法人会 会友 阿久津一志 氏
     (有)阿久津左官店 代表取締役
テーマ:「職人を教え鍛え育てるしつけはこうしなさい!」
輪読第14条
※19社19名が参加されました。
(講話内容)
「『職人』を教え・鍛え・育てるしつけはこうしなさい!」という本を出版しました。読んでください。
伊矢野会長はあまりお会いしたことがありませんが、フェイスブックで知っています。
職人の数が減少しております。日本は技術力で成長発展してきました。技術力を付けないと衰退してしまいます。
昔は職人さんに気を遣いましたが、今は違います。お客さんのニーズをつかみ、携帯電話、パソコンが普及し、変化に対応しなくてはいけません。
小さくても強い会社を作ることを目指した方がいいと思います。職人育成はバランスが大切です。腕がいいだけでなく、技術、知識、マナーがないといけないです。
先代は技能の検査官をやっていました。技術検定の練習、技術研修会をやっています。日報はその日の内にデジカメ、パソコンを使いまとめます。
毎月1回早朝6:45〜会議を行い、資料は職人さんが作ります。経営研究会に入っており、そこで出版してます「理念と経営」という冊子を配っています。毎月1回以上勉強会を開いています。
朝礼、会社近隣の清掃活動(週1回)を行っています。業績が悪い時期に会社が汚れており、窓を綺麗にしましたところ回復してきました。
そすいスクエア AQUASで壁塗り体験をやっています。「ありがとう通信」というチラシを職人さんがWordを使い近隣の家へポスティングしてます。給料明細と一緒に感謝の手紙を入れています。
職人育成は継続が大切です。技術を高めるには続けることが大切、良い習慣を身につける事、悪いことは止めれば良いことに繋がります。変化に対応出来る職人の時代、アウトソーシングしないで自分たちで成し遂げます。

第314回モーニングセミナー報告 2011年9月1日(木)

23−9−1
講話者:鹿沼市倫理法人会第4代会長 伊矢野忠寿 氏
     (有)伊矢野不動産鑑 不動産鑑定士
テーマ:「倫理法人会を楽しもう!」
(輪読第14条)
※27社27名が参加されました。
(講話内容)
会長を受けました経緯は、1年間専任幹事受け、(入会3カ月で良く分からなかった)やられたと思いましたが、精一杯やってきました。他の単会ですと、事務局、事務長がやるべき仕事であったり、講師の送り迎えをやってきました。仕事の事も考え辞めようと考えました。籍だけ残して来季は何の役も受けない予定でした。
会長の話しもありましたが、受けるつもりはありませんでした。「苦難福門」という題目で、私が講師を受けるにあたって、阿部博専任幹事、小太刀普及委員長が役を受けるならば、会長を受けようと決めました。多分専任幹事よりは楽なのかと思います。
お酒を飲む機会が増えて痩せなくてはと思い、ジョギングを始めてますが、痩せないです。痩せない事によってジョギングが続いているので良い事だと思います。発想の転換だと思います。
気付いた事を実践してみてください。「物はこれを生かす人に集まる」ですので、物はお金です。私は妻へバックを買いましたところ、家の雰囲気が良くなりました。気付く事を楽しいと思ってい頂きたく思います。
役員朝礼の楽しみ方は、朝から大きな声で「ハイ」と返事をするのがテンションが上がり楽しいです。MSより役員朝礼の方が朝のウォーミングアップという事では良いと思います。

第313回モーニングセミナー報告 2011年8月25日(木)

8-25
(輪読第13条)
※18社21名が参加されました。
(会員スピーチ)
テーマ:先週のうれしかった事
kaiinsp

第311回モーニングセミナー報告 2011年8月11日(木)

8-11
講話者:宇都宮市倫理法人会 青年委員長 山口 真由美 氏
テーマ:「楽しんで生きる」
(輪読第11条)
※23社23名が参加されました。
(講和内容)

今日は朝5時に着きましたところ誰もいなかったので、心の整理をするため、コンビニへ行きました。朝3時40分に起きまして、異常に早く着きました。
宇都宮の役員朝礼は20名位で緊張した雰囲気で行われます。鹿沼市は楽しそうに役員朝礼してますので素敵だと思います。
ずっと専業主婦をしてまして、実家は大阪で自営業ですので、夫婦そろって仕事をするのが当たり前だと思っておりました。主人の母は、中2の時に亡くなってしまいました。一度も海外旅行に連れて行けなかったのを後悔してます。共にする人には楽しんで生きて欲しいと思っているそうです。
私もきちんと子供を育てたいという思いもありましたので、子供が小2になるまでは仕事をしてませんでした。子供を育てることは一大事業で母親、父親として、それが出来るのは幸せな事だと言われておりました。
仕事をして3年半になります。同時に倫理に入会しました。いい人脈を作れる会はないかと友人に聞きました。最初は仕事の為に入りました。女性会に初めて参加をした時、とてもいい講和を聞き、友人に朝6時からのMSがあると聞かされ、MSに参加した時、歌を歌ったりとかありましたが、キリスト教系の学校に通ってましたのでそれほど抵抗はありませんでした。
たまに辞めようと思う時がありますが、だいたいが普及にからんでいます。2年目の事務長の時に、上がやらないからだめだと言われてきました。普及に対して理解がなく、違うと反論するには実績がないといけないので、一生懸命にやりました。数はそれほどあがってませんが、ドクターリフォームの名前で普及するのはどうなのかという疑問があったので、自分が知っている人に勧めました。
7月半ばから末は倫理から電話があると拒否するようになってきました。皆さんからはそれでいいと言われてきました。心が病んでいたので、会長が、山口さんはあれでいいいんだよとかばってくれたそうです。ある時旦那さんを出した方がいいのではと言われましたが、山口さんが必要なんだよと言われてきました。今は楽しく倫理法人の方とお付き合いしています。
役を受けるのは、人脈を広げる為に必要です。そして学んだ事を会社に落とし込んでください。主人も職場の教養は読んでいます。一緒に仕事をする事によって意見の相違もありますが、会話が増えます。経営者と社員は目指すべき物が違いますが、経営者と社員のパイプ役でお母さん役になればいいかと思います。
震災の後は資材が中々入ってきませんが、お陰様で年間400件以上の仕事を受け、またお願いしたいと言われるのは、すばらしい社員がいるからだと思います。職人さんの教養が行き届いていると言われますが、社員が自主的に良い会社にしようと頑張っているからだと思います。
人生の中で出会える方は数に限りがあるかと思います。その中で友人になれるのはほんの数%だと思います。今日お会いしました皆さんもご縁があるからだと思います。

第310回モーニングセミナー報告 2011年8月4日(木)

23−8−4
講話者:鹿沼市議会議員 湯澤 英之 氏     
テーマ:「私達の鹿沼市」
(輪読第10条)
※20社21名が参加されました。
(講話内容)
 
8年市議会議員として務めており、2期目です。次の4年間は鹿沼の為に、結果を残す事を行いたいです。
鹿沼市は、プロバスケットボールチームのマザータウン締結で、練習拠点になりました。スポーツを通し、子供を健やかに育てる手法でもあると思います。経済から見ましても、鹿沼で試合が行われ、2,500〜3,000人位の市外、県外の方が来ます。経済効果があると信じ活動しております。
自殺者地域対策としまして、連絡協議会を県内初で作りました。傾向として一概には言えませんが、75%はうつ病で4人に3人は病院へ通ってません。みんなで支え合う、声を掛け合う事が大切です。
少子化問題として、子育てを頑張っている保護者を応援しようと、第1子からの子育て支援を行っております。鹿沼市では、昨年820名しかお子さんが産まれておりません。地域、自治体、国がしっかり考えないといけません。
高齢化問題では、鹿沼市人口の23%が高齢者です。車の運転もままならない事もあるわけですから、高齢化を見据えて歩道作りを考えております。リーバスもタクシーの様なドアツードアの整備を考えております。
先月オープンのまちの駅ですが、順調な営業ですが、色んな批判もあります。下野市のまちの駅は比較にならないほどの賑わいです。どんな形で人が呼べるかを考えております。
酒野谷のキャンプ場はリピーター客が多いです。茂木でもやっている、畑の貸出を行ってみてはどうかと考えております。収穫の楽しみ、味わう楽しみをして頂き、やがて鹿沼のPRになり、鹿沼市の発展になるかと思います。
夢物語ですが、鹿沼の川を生かした水力発電ができないかと考えております。
目標は念ずれば叶うと信じております。鹿沼市を創る一人として、今後もなんなりとお話頂ければ参ります。企業家ではないですので、各種ジャンル違うかとは思いますが、教えて頂ければ有り難く思います。これからも頑張って参ります。

第309回モーニングセミナー報告 2011年7月28日(木)

23-7-28
講話者:法人レクチャラー茨城県倫理法人会 副幹事長 森 彰 氏     
テーマ:「倫理と私:学んだこと気づいたこと」
(輪読第9条)
※17社18名が参加されました。
(講話内容)
 
今年で67歳です。出版会社の日販に勤めていた頃、勉強をしたいという同期が沢山いて、明治大学へ進学しました。サラリーマンが嫌で、将来独立を考えてました。様々な職業に就く中で、人間世界の広さ、深さを体験、出会いと別れの蓄積が現在の自分、どれ一つ欠けても今の自分はありません。
妻とはすれ違いの生活が続き、52〜57歳まで悩みました。57歳の3月に会社を辞め、9月に武州養蜂園を始めました。夫婦関係の修復が第一で「夫婦同業生涯現役」という事で小売店を開きました。10月に倫理に入会しまして、現在9年目になります。倫理はすばらしい団体です。稲盛塾も経営の勉強には良いですが、これほど勉強できる機会が多いところはないです。MSは朝6時からであり、仕事に影響がありません。そして閉鎖的でなく、奥さん、社員さんも参加していいです。どんどん勧めて欲しいです。
夫婦で休まずMSに参加しています。他人の話しを素直に聞け、いい話しでも、悪い話しでも勉強になります。会社の幹部になって欲しい人にもMSに来てもらい、社長が勉強をしている姿を見てもらいたいです。社員が成長しない会社に成長はありません。
成長する場を閉じてしまうのはもったいないです。毎月の1万を2万、3万、5万としていかなくてはいけないです。会費1万は安い事に気付かないといけないです。

第307回モーニングセミナー報告 2011年7月14日(木)

講話者:(社)倫理研究所 内田 靖士 企画室研究員
テーマ:「絆は人を強くする」
(輪読第7条)
※13社16名が参加されました。
(講和内容)
父は倫理研究員をしており、倫理のイメージは、家にいない、旅行をする事、楽しそうだでした。母に研究員の妻としてどうかと聞いてみたところ、週1位しか家にいない時もありましたが、この位がちょうどいいとの事でした。父は32歳の時に倫理研究所に入り、当時の給料は1/3に落ち込んでいました。内田家の家計が厳しかったのは母しか知りませんでした。父に話すと心配してしまうから、母は辛い事があると会友に話し、アドバイスを受けたりしてました。母は私の為に生活をしてくれました。倫理を始める前は真逆の生活をしてました。親からは嫌われているかと思いました。“最も大切な、わが命の根元は、両親である。この事に思い至れば、親を尊敬し、大切にし、日夜孝養をつくすのは、親がえらいからではない、強いからではない。世の中にただ一人の私の親だからである。私の命の根元であり、むしろ私自身の命である親だからである。”

第306回モーニングセミナー報告 2011年7月7日(木)

23-7-7 
講話者:那須野ヶ原中央倫理法人会副会長 栗田幸智 氏
    (株)サンハロー代表取締役
テーマ:「日々に好機あり」 
(輪読第6条)
2020名が参加されました。
(講和内容)
50
年ぶりに鹿沼にました。東電に勤めておりまして、最初の勤務地が鹿沼でした。昔から喧嘩早くて、弱い人を助けるのが好きでした。土地を買って家を建てたくお金を使った矢先に選挙の話がて、勝手にしろと言ったところ、選挙事務所が出ておりました。当時の市議会議員は、決められた事を承認するだけでした。御陰さまで色んな事をやってきました。市の条例を熟読して、2年間で相当変えてきました。宇都宮から郡山間には大学も専門学校もなかったので、医療福祉大致を実現しました。
倫理は色んな面で広がりが増えます。サッカー選手になるにはどんどん練習しないと選手になれない
に、倫理もどんどん役につかないといけないです。ロータリー、ライオンズに入ってましたが、倫理は楽しい人が多いです。 

第305回モーニングセミナー報告 2011年6月30日(木)

23−6−30
講話者:横山 和市郎 氏
     栃木県倫理法人会 副会長
テーマ:「第1感・そしてであい」
※23社23名が参加されました。

(講話内容)
25歳の時に家業を譲り受け現在に至ります。
倫理に入会するまでは大変なことはなかったです。
40歳の時にロフトというお店のコンテナが火災に合いました。45歳の時に、片腕であった弟が独立をしていきました。店を大きくした矢先であり、借金もあり大変でした。弟は日総研で勉強し、上の方のクラスであり、夢を突きつめて独立していきました。
倫理では、その人に出来ない困難は起きない。」と言います。自分の可能性にかけ、娘のお婿さんに事業を継承してもらうように考えました。
倫理に入会後色んな事業を始めました。
倫理に入る前は夜型でしたが、4、5時に起きることがくせになり、朝散歩をするようになりました。すると、感性が磨かれる気がしました。
今までは出店の話が来ても、チャンスをとらえる事が出来なかったですが、感性を磨くことによって、チャンスをつかむ、気付く心を持つことが出来ました。

第304回モーニングセミナー報告 2011年6月23日(木)

23−6−23
講話者:齋藤 真樹 氏
     宇都宮市中央倫理法人会 会友
テーマ:「倫理法人会に入会して」
(講話内容)
今年の2月に入会をし、3月から参加をしています。大学卒業後10社職業を変えております。最初の仕事が、着ぐるみを着る仕事で社長と合わずに辞めました。その後、派遣で働いておりました。当時は自分に自信が持てませんでした。
私の嫁は生命保険の営業をしておりましたが、結婚を機に退職しました。嫁は、父を亡くし、母も8歳の時に離婚をして別々の生活をしておりました。
母に会う為にパソコンで、住所を調べていく内に、東京に住んでいることが判明し、つい最近嫁と一緒に母の住む東京の家を訪問しました。テレビであるような感動の再会場面そのものでした。今嫁の母は宇都宮に来ており、嫁と二人で宇都宮のホテルに宿泊しております。
ハッピーメーカーは、企業の社会に貢献している部分に特化した広告(企業PR)を出しております。学生が就職先を選ぶにあたり、企業の社会貢献度をPRすることで、選択基準がひろがって行くと思います。

第301回モーニングセミナー報告 2011年6月2日(木)   

23-6-2 

講話者:清水 慎一 氏
    菓匠Shimizu 専夢取締役
テーマ:『世界夢ケーキ宣言!〜幸せは家族団らん〜』
※36社36名が参加されました。

(講話の内容)

生まれて初めての講演が長野県の倫理法人会でした。一番最初に行ったと時は大きな声が聞こえまして、ひいてしまいました。歌がすごくいい歌ですね。三重県の津市で、万人幸福の栞を10冊頂きました。今日も鞄に入れております。

64年前に饅頭屋を始め、父が洋菓子屋を始め、僕が3代目で店を移転し、リニューアルしてやっております。会社の社是は、「感謝する心を持ちましょう」としております。毎朝社員と掃除をするようにしています。駐車場にレシート、タバコの吸い殻が落ちておりますが、捨てた人が悪いのでなく、ゴミを捨てる空気を醸し出しているのだと思います。菓匠Shimizuの会社の質を高めることによってゴミ捨てがなくなるのかと思います。今日も菓匠Shimizuで働いてもらえる喜び、社員の幸せが会社の幸せです。毎朝の朝礼での中で夢を語り合います。月に1回アルバイト、パート、社員で勉強会をしております。本気でぶつかることがリーダーになる為に必要だと思います。何でも出来ないと言うのは無能なリーダーだと思います。どうすれば上手く行くのかを一緒に考えるのがリーダーだと思います。

東日本被災地で、子供たちと一緒にケーキを作る、夢ケーキツアーを行なう予定です。

第300回モーニングセミナー報告 2011年5月26日(木)

5−26
※16社16名が参加されました。
会員スピーチ
5−26−1

5−26−2

5−26−3

5−26−4

第299回モーニングセミナー報告 2011年5月19日(木)

5−19
講話者:稲田 博巳 氏
     社団法人 倫理研究所 名誉研究員 
テーマ:「トップを支える家庭力」

(講話の内容)
便器が真っ赤に染まり家へ帰ってからも続き、3日目大きな本屋さんで「健康」と書いてある本を立ち読みしました。血尿が出るのはかなり深刻、腎臓がん、膀胱がん、前立腺がんで中期から末期にかけて出てくる症状です。やれる限りの検査を行い、前立腺がんは10ナノグラムですとすでにがんに侵されている確率90%に対し、60ナノグラムでした。医師は99.9%がんに侵されていると診ていました。薬を頂いたので、5日目で止まりました。前立腺の組織を採取して生体検査を行いました。私は仕事が大好きで、お茶一杯も飲まずに昼休みも仕事をしてました。休む時は休むという事が大切です。
生体検査ではがん細胞は見つかりませんでした。がむしゃらに走っており、少し傲慢であったと思いました。少しが出来ない人を馬鹿にしていました。自信過剰の一面もありました。ゆとりを持って命の感謝をして、毎朝実践している事が太陽に挨拶する事です。熱、光、エネルギーがないと生活出来ないわけです。太陽の神様に感謝しています。
毎朝普通のおしっこが出る事にありがとうございますと感謝しています。今日のカレンダーに「うんこに最敬礼」という言葉が採用されました。腸閉そくになり、1、2週間続かないと命の問題になり、それでも40日間出なかった方が、ついに40数日目に出てくれて奥さんを呼んで一緒に喜んで手にとって持ち上げるようにお礼をしました。そういう事があり去年のカレンダーの採用になりました。大にしても小にしても排泄する事はありがたいです。
昔の人は太陽をお天道様と言われていました。会社経営もお天道様に恥じないようにすれば大発展します。自分の利害に突っ走ると上手く行きません。

第298回モーニングセミナー報告 2011年5月12日(木)

5−12
講話者:炭田 恵崇 氏

     宇都宮西倫理法人会 普及拡大委員長
     (株)アド宣通 代表取締役    

テーマ:「我が社の経営理念」

 ※29社29名が参加されました。
(講話の内容)
2006年7月に訳も分からずに入会申込書を書きました。
モーニングセミナーは一番後ろで距離感を置いて聞いていました。その後、真中へ、徐々に中へ入って行きました。青年委員会へ所属し、2006年4月に宇都宮花火大会の実行委員会を立ち上げ、2007年8月に花火大会を開催しました。25万人の人が来てくれました。友人の小林君が「信成万事」と言いながら私に飛び込んで来ました。今年も取り組みます。
勉強の大切さを教えてくれたのが倫理法人会です。電車の中でも万人幸福の栞を読んでおります。気になった箇所はメモをとったりしてます。
全ての行動指針が先手必勝です。同世代のメンバーを巻き込み、巻き込みながら何かが出来るのではないかと思います。

第297回モーニングセミナー報告 2011年4月28日(木)

23-4-28

講話者:綿貫 富康 氏

     法人レクチャラー 長野県長野市倫理法人会 相談役     

テーマ:「お役を頂き感謝」

 ※19社20名が参加されました。
(講話の内容)
朝礼を勧められ、始めましたが社員は嫌々ながらやっていました。朝礼委員長を作ったらどうですかということで、作ったところ、だんだんと雰囲気が明るくなってきました。やるとすごく効果がありますので、ぜひ取り入れて下さい。
東日本大震災では、北信地区の栄村の会員何名かが、避難をしています。経済を活発にする為にもお金を使うべきだと思います。今度の連休は家族で野沢温泉と成田山へお参りに行って参ります。
会社は、(株)丸和商店で、印刷会社、製本会社へ資材販売を行っておりまして、長野県内は北から南まで販売をしています。この業界は非常に厳しいです。震災後はインキの原料が入手困難であります。
長野市倫理法人会入会と同時に副会長を頂き、専任幹事を4年、会長、相談役と受けて来ましたが、その後お役御免かと思いましたところ、県の副会長、普及拡大委員長、北信地区長、本年度は広報委員長を受けております。
モーニングセミナーを火水木金土と出ておりましたら、体調が良くなってきました。夜型の人間が朝型になりました。倫理の価値は、モーニングセミナーに出る事です。積極的に利用をして、職場の教養が30冊も届き、他の冊子も届きます。会費1万円は安いと思います。

第296回モーニングセミナー報告 2011年4月21日(木)

23-4-21
講話者:小沼 正則 氏

     宇都宮市北倫理法人会 会長
     絆アセットマネジメント 代表取締役

テーマ:「希望」

※19社19名が参加されました。
(講話の内容)
PTA会長を3年間やってました。好きでやっていたわけではありませんが、2、3年やっている内に愛着が沸いてきました。朝の挨拶、パトロールが継続的に行われたいたという事で、文部科学大臣賞を頂きました。今回の交通事故は人事ではなく、悔しく思います。報道では、安全運転を呼びかけてますがその通りに思います。
仕事は金融仲介業務をやってます。証券会社の代理業務で、預かり資産は13億になる事が出来ました。100億円を目指したいです。今年50歳になりました。見えない壁、殻を破りながら事業の発展に努めたいです。
2008年9月のリーマンショックでは、1億単位で資産が減っていきました。毎日、毎日が辛かったです。倫理研究所の個人指導を受け、机の中を綺麗にしなさいと言われ、綺麗にしました。辛い時には運動するのが良いです。体・精神状態が正常でない時には、走ったりしてみるといい気分転換になりました。家族・倫友・倫研の支えで苦難を乗り切りました。
どんなに辛い時にも、全体的に見れば何か意味があります。今現在の日本も、将来日本が良くなるための出来事だと思います。自分が出来ることは、被災地に行ってボランティア、義援金を送るだけでなく、自分の仕事に気持ちを込めたいです。その事自体が日本創世に繋がると思います。毎日の日常が修行だと思います。毎日皿を洗ったりする事も修行、日常生活に心を込める事しか出来ませんが、そこをきちんとやることで日本創世に繋がると思います。
倫理法人会に入って良かった事は、色んな問題を語り合える仲間が出来ました。こういう縁を深めて行きたいです。普及は数を追い求めるのが普及ではないと思います。恐竜は6,500万年前に滅びましたが、1億8,000万年も生きていた時間がありました。人間の歴史なら、1分始まったかどうかだと思います。時間が無いと言うのではなく、一人ひとり仲間を増やし楽しく倫理活動を行い、私たちで出来なかったことは次の代でやってもらう気持ちで、楽しく普及をしていきたいです。


 

第295回モーニングセミナー報告 2011年4月14日(木)

23-4-14-1 

講話者:人見 恵子 氏

     栃木県倫理法人会 副会長
     ミレット・スタイル

テーマ:「心即太陽」

※23社24名が参加されました。
(講話の内容)
学校給食、仕出し等の会社を8年間やらせてもらいました。そちらの社長を昨年3月いっぱいで退任しました。社長を辞めるきっかけが講話の依頼でした。
その講話で使った参考資料が自分にはまってしまいました。自分の食生活を変え、家族の食生活を変え、自分の身体の調子が良くなりました。母が86歳ですが、薬を飲まなくなりました。まさに食べ物で人間は出来ているのです。食育を推奨している県の方々も理解されていたので、セミナーを開催しながら伝えようという思いが強くなりました。
添加物を使わない事で長生き出来ますが、会社では仕入の問題で多少なりとも添加物が入ってきます。寒い冬に、夏野菜が入っている事で、言っている事とやっている事が違ってきておりまして、社員を教育して社長をやってもらい去年の3月いっぱいで退任しました。
社長を退任してから仕事が来ないので1件1件企業回りをして営業しました。いろんな人脈構築のお陰で仕事を貰える様になりました。
倫理は8年間入ってますが、まだまだ学びが浅いです。倫理が理解できたのは、幹事というお役を頂き、朝起きはこんなにすばらしい物だと気付きました。
朝早く起きて自分を鍛錬する。倫理は鉛筆削りだなと思います。毎日モーニングセミナーに参加する人は神経がとがってます。1週間に1、2回の人は丸くなっていると思います。週に2回は出来るだけ参加するように努めてます。
父が3年前に大病を患い、抗がん剤の飲用を間違ってその後亡くなりました。生きていれば87歳です。私は父にとても親不孝でした。母と一緒にモーニングセミナーに行ったり、東京の打合せにも母を連れて行きます。母と一緒に歩む事で、父に恩返しをしたいと思います。倫理法人会の旗がシワシワなので家でアイロンがけをしていると母が夢限りなくの歌を歌ってました。本人はアルツハイマーのステージ1ですが、ストレスの無い人生を送ってます。一緒に歌った喜びは多分私にしか味わえない喜びです。分かってないふりして分かっているのが母なのかなと思います。母を通して今迄の後悔の念を払拭したいです。常に心に希望を持ちながら頑張ります。

第294回モーニングセミナー報告 2011年4月7日(木)

23-4-7

講話者:宮井 ヱイ子 氏

     (社)倫理研究所 法人アドバイザー

テーマ:「岐路に立った時」

※19社19名が参加されました。

(講話の内容)
・親を批判する事無く、親に感謝をし、育ててくれた恩返しを実践して下さい。
・日常生活で嫌だなと思う事が有るか思います(倫理の会長を受ける等・・・)が心の限界線をひかないで下さい。常にそうしていると成長しません。ぜひ限界線を取り払って下さい。ふんわりとやわらかで、何のこだわりも不足もなく、澄みきった心、これを持ちつづけて下さい。
夫婦の実践
・電池に+−があるように、人間も、夫が「陽」で妻が「陰」の素質で出来ています。五分五分で巧くかみ合っています。物事を良くする事は合一が大切です。(純粋倫理入門をお読みになって下さい。)
親が子どもにする実践
・何にも言わない事が最高の実践。子どもは叱られると反論します。親はでしゃばる程良くないです。自分のおかれた立場を真剣に実践すれば良い方向に進みます。

 

第293回モーニングセミナー報告 2011年3月31日(木)

2011−3−31−2 
講話者:小倉睦美 氏

     栃木県倫理法人会 副会長

     学校法人むつみ学園

テーマ:「万物生々」

※17社17名が参加されました。

(講話の内容)
私は心臓が弱くて20歳までしか生きられないと
言われて参りましたが、結婚をして子供を産みました。
好かれる子供は何でもよく食べる子、よく動く子(ぞうきんがけやはきもの等)
子供を動かす事をいとわないです。
出来ない出来ないと言っても子供にやらせました。
家庭で喜ばれる子は良く動ける子ですから、幼稚園でもいっぱい動かします。
もう一つは人の嫌がることは言わない。
私もよく言われましたが、倫理を勉強した後は言いません。
時々言ってしまうこともありますが、謝ります。