第358回モーニングセミナー報告 2012年7月26日(木)

24-7-26
7-26-17-26-2
講話者:川上建設(株) 代表取締役 川上 貢一 氏
テーマ:「栃木県建設業界 鹿沼支部について」
輪読第6条
※20社20名が参加されました。
(講話内容)
鹿沼支部会員は25社です。県内には10支部あり、350社です。皆さんと切磋琢磨し、一緒に活動しております。鹿沼支部のミッションは、鹿沼市民の安心、安全の確保としております。鹿沼市も広いので、何か災害等起きた場合には、現場近くの会社が向かうような体制をとっております。
会社の方は、土木工事の方で1級土木施工管理技士35名、2級土木施工管理技士25名、建築で、1級建築士3名がおります。民間の仕事の主力は東武鉄道さんです。東電さんとも付き合いがあります。小山支社に道路清掃の為に沢山の人数がおります。
マズローのピラミッド型の欲求説では、頂点が自己実現です。会社の目的、自己実現が一致する事が重要と思います。自己管理目標を書いて頂き、出来ない所は反省してもらうようにしています。
社長は経営のプロとして、現場の責任者もプロとしていい仕事を続けるためには、腕を磨くという事が重要です。教育訓練としまして、他の方と交わって知性を高めてもらいます。全国ネットワークの勉強会を行っております。観光も楽しみながら、年に12、3回お金は掛かりますがやっております。従業員と楽しく仕事が出来ればいいと思います。
資格試験に合格した社員には、豪華なお祝い会を開いたりしております。飲みニケーションとしまして、ひとりに対し、年間5千円は出しております。最低年2回は行うようにしております。
毎月の給料袋の中へ、「皆様へ」という事で手紙を書いております。良い会社があれば真似する様にしております。今日もなるほどなと思った話がありましたので社に戻って話したいと思います。