第345回モーニングセミナー報告 2012年4月19日(木)

24−4−19
講話者:宇都宮南準倫理法人会 会友 殿塚 朝美 氏     
     後継者サポートオフィス 代表 
テーマ :「使命を持って生きること」
輪読第11条
※22社24名が参加されました
(講話内容)

栃木市出身です。父が会社を営んでおります。3姉妹の3女です。大学は東京農業大学で、環境について学びました。ディズニーシーでアルバイトをしてました。従業員教育が有名で、徹底したマニュアルがあります。考え方が全てに前向きで、発想の転換を学びました。
卒業後トヨタ東京カローラで営業の仕事に就きました。新人扱いされるのが嫌なので、がむしゃらに働きました。当時女性営業が監禁される事件があり、女性は飛び込み営業が出来ず、成績が伸びませんでた。父に相談しました処、頑張っているのを評価するほど営業は甘くないと言われ、慰めてもらおうと思っていた自分の考えが見透かされた様で、悔しくて寂しかったです。
一人前にやっていくなら、新人とか女性とか関係なく、結果を出すしかないと思いました。その後、転職を3回しましたが、その事を意識し続けました。
父が2008年に心臓にペースメーカを入れる手術で東京女子医大に入院しました。ほぼ毎日お見舞いに行き、色々な話をしました。どうしても口に出せなかった事が、栃木に戻ろうかという事でした。会社の後継者問題で、上の2人が早々と結婚してしまったので、私も悩んでいました。小さな頃から父の働いている姿を見てきましたので、潰したくないと思っておりました。
何とかならないかということで、事業承継の勉強を始めました。最終的には父からお父さんの会社は忘れろという事で結局空回りでした。
自分の中で全てが壊れて、1ヶ月動けなくなり人生初の入院をしました。苦しいと思っていましたが、その中でも生きて行かなくてはいけないと考えた時に今の私に何が出来ると考えた時に「使命」という言葉が出てきました。
事業承継を使わないで死ぬことは出来ないと思い、自分と同じような悩みを持っている人がいるはずだと思い、仕事を始めました。自分がひとりで頑張っている姿を家族に見てもらい、もう一度事業承継を考えてもらいたいと思いました。実は最近になりまして、父と新規事業戦略を行う事が決まりました。
倫理に入会をしまして、栞で学ぶ事よりも、日々接している、宇都宮南準倫理法人会の皆さんと接することに学びが多いです。勇気を頂いたりしております。
先日の南三陸のボランティアで感じました事が、何気なく生きている1日は、生きたくても生きられなかった人たちの1日なんだなと思いますと、甘えたことは言ってられないと思いました。使命感を意識して生きることが重要だと思います。