第326回モーニングセミナー報告 2011年12月1日(木)

23-12-1
講話者:宇都宮南準倫理法人会 副会長 大澤 章利 氏
     (株)ネットコア 代表取締役 
テーマ:「活力朝礼が会社をつくる」
輪読第9条
※20社21名が参加されました。
(講話内容)
出流山の南側の星の遺跡のある所で生まれました。
高校生まで栃木市。空が好きで航空自衛隊に入れば飛行機に乗れると思い、試験を受けました。F-16、トップガンを想像しました。見事に試験に落ちました。虫歯があってもだめです。
首都圏一帯の防空をする、みね築山へ行きました。防空システムで、敵機かを判断する防空システムを運用してました。
昭和46年に父親が亡くなり、栃木に帰ってきました。コンピューター元号は違いましたが、栃木県計算センターに面接を受け、3月20日に除隊し、TKCにお世話になりました。25歳の少し前まで独身で、コンピュータのオペレーターをしてました。
飯塚会長に同行した、新幹線のグリーン車の話の中で、人生は1回だということで、最低10回は読みなさいという事で、直接「参禅入門」という本が送られてきました。
定期的に飯塚会長に会い、ご指導を受け、結婚式でも会長に挨拶を頂きました。飯塚会長の出会いが人生における最大の転機です。
平成7年12月末にTKCを退職しました。40歳末から退職を考えてました。平成8年3月18日(株)ネットコアを設立しました。TKC時代は、経営について学び、人間としては飯塚会長に、経営の学びは現会長に学びました。
25年間サラリーマンをやっていると限られた範囲内での付き合いでしたので、中小企業同友会に入会し、今年の4月から会長をやっております。
創業時はお金もお客も無いので、銀行へ行き、資金繰りで3年は大変な思いをしました。同友会の出会いで、経営計画書を作りました。(今期で第12版)社内に浸透させるのが大変でした。
活力朝礼をやっております。経営方針を浸透させるには活力朝礼しかないと思いました。けじめ、やる気、前向き、明るくなってきました。何年もやっていると企業の風土を良くします。