第306回モーニングセミナー報告 2011年7月7日(木)

23-7-7 
講話者:那須野ヶ原中央倫理法人会副会長 栗田幸智 氏
    (株)サンハロー代表取締役
テーマ:「日々に好機あり」 
(輪読第6条)
2020名が参加されました。
(講和内容)
50
年ぶりに鹿沼にました。東電に勤めておりまして、最初の勤務地が鹿沼でした。昔から喧嘩早くて、弱い人を助けるのが好きでした。土地を買って家を建てたくお金を使った矢先に選挙の話がて、勝手にしろと言ったところ、選挙事務所が出ておりました。当時の市議会議員は、決められた事を承認するだけでした。御陰さまで色んな事をやってきました。市の条例を熟読して、2年間で相当変えてきました。宇都宮から郡山間には大学も専門学校もなかったので、医療福祉大致を実現しました。
倫理は色んな面で広がりが増えます。サッカー選手になるにはどんどん練習しないと選手になれない
に、倫理もどんどん役につかないといけないです。ロータリー、ライオンズに入ってましたが、倫理は楽しい人が多いです。