第294回モーニングセミナー報告 2011年4月7日(木)

23-4-7

講話者:宮井 ヱイ子 氏

     (社)倫理研究所 法人アドバイザー

テーマ:「岐路に立った時」

※19社19名が参加されました。

(講話の内容)
・親を批判する事無く、親に感謝をし、育ててくれた恩返しを実践して下さい。
・日常生活で嫌だなと思う事が有るか思います(倫理の会長を受ける等・・・)が心の限界線をひかないで下さい。常にそうしていると成長しません。ぜひ限界線を取り払って下さい。ふんわりとやわらかで、何のこだわりも不足もなく、澄みきった心、これを持ちつづけて下さい。
夫婦の実践
・電池に+−があるように、人間も、夫が「陽」で妻が「陰」の素質で出来ています。五分五分で巧くかみ合っています。物事を良くする事は合一が大切です。(純粋倫理入門をお読みになって下さい。)
親が子どもにする実践
・何にも言わない事が最高の実践。子どもは叱られると反論します。親はでしゃばる程良くないです。自分のおかれた立場を真剣に実践すれば良い方向に進みます。